ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/プレイインステージ/Day2

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」プレイインステージ2日目の観戦メモまとめです。試合の翌日以降にまとめて掲載。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

 

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

★14:00 - ONE vs C9

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match1 ONE vs C9 - YouTube

ビルド等の詳細:ONE vs C9 - BEST.GG

バン&ピック

バン
ONE:ジャーヴァンⅣ、シンドラ、ルブラン/レクサイ、コーキ
C9:オラフ、カリスタ、ムンド/ルシアン、トランドル

ピック
ONE:ザヤアリスター、エリス/シェン、タリヤ
C9:ラカン、チョガス、トリスターナ/セジュアニ、ライズ

 

いつも見るピックからのライズピック。それですべてが吹っ飛んだ。

オラフとムンドは共にターゲットバンで、特定チャンピオンがよほど警戒されているようだ。

試合内容

ライズもトリスターナもレイトゲームが得意。そんな後半に寄せまくった構成で序盤からもりもり攻めていくC9。特にライズ/Jensen選手のプレイが凄まじい。横を縫うようなスキルショットで奥の敵が溶ける!一方的な試合展開だったが、ライズを見れただけでも満足の試合だった。

★15:00 - LYN vs WE

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match2 LYN vs WE - YouTube

ビルド等の詳細:LYN vs WE- BEST.GG

バン&ピック

バン
LYN:コーキ、ルシアン、コグマウ/ルブラン、
WE:カリスタ、アリスター、ジャーヴァンⅣ/カミール、レクサイ
ピック
LYN:1ザヤ、3ラカンガリオ/5エズリアル、7タリヤ
WE:2マオカイ、トリスターナ、4タリック/6オリアナ、カ=ジックス

 

WEがエズリアルJG・・・だと・・・!?最近になって注目され始めたらしいエズリアルJGをWorldsで見れるとは。マジで?プロシーンでもいけるの?

LYNはカ=ジックスをピック。ジャングラー同士の戦いが気になるマッチに。

試合内容

西側の青バフに行ったエズリアルJGが狩られるところから始まったこの試合。Condi選手のエズリアルが駆ける、引っ掻き回す、そして死ぬ。どうなの?これ刺さってるの?負けてない?私が戸惑う中、試合は続く。

結果的にはWEの勝利だったが、LYNも要所で凄まじいプレイを見せてくれ、私はこの試合でLYNを応援したくなった。序盤9分・視界のない中でのジャングラー同士の読み合い、終盤に至ってノーデッドの集団戦さえ熱い!36分にエルダードラゴンをLYNがスティールした時はガッツポーズしてしまった。

しかしWEが常にその上を行く。LYNもなんとかいなしていったものの、20分16秒(動画だと29:56あたり)のバロン獲得を皮切りに、一気に試合がWE側へ傾いた。その後もバロン周りの攻防で魅せ、WEが勝利へ。40分間目の離せない、白熱した戦いだった。

★16:00 - C9 vs DW

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match3 C9 vs DW - YouTube

ビルド等の詳細:C9 vs DW  - BEST.GG

バン&ピック

バン

C9:トリスターナ・ジェイス・ジャックス/ブラウム・モルガナ
DW:ザヤガリオ・マオカイ/ルブラン・オリアナ

ピック

C9:カリスタラカン・チョガス/エズリアル・シンドラ
DW:ジャーヴァンⅣ・アッシュ・セジュアニ/アリスター・ブラッドミア

 

またエズリアルJGか!さっきの試合絶対見てただろ!そしてザヤ、トリスターナがBAN。私が気になっている展開に。ここではカリスタvsアッシュのマッチに。

試合内容

キル合戦は、序盤からガンガンボットレーンをいじめていくDWの優勢に。しかし、CSは何故か負けないC9。DWは大きく有利を広げる事ができず、中盤以降になると徐々にC9が逆転し始め、C9の勝利に。キル差って無効にできるんだ・・・そんなお手本のような試合内容だった。

ちなみに、試合後にC9のimpact選手がDWのChippys選手に肩をぶつけて行ったのが気になって調べた。どうも以前、こんな風に突っかかったようだ。無理もない反応か。とはいえこういうのは国際大会で見たくないんだけど、注意されたりしないんだろうか・・・。

★17:00 - LYN vs GMB

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match4 LYN vs GMB - YouTube

ビルド等の詳細:LYN vs GMB - BEST.GG

バン&ピック

バン

LYN:ケイン・アニビア・ヴァルス/トリスターナ・シェン
GMB:ジェイス・マオカイ・セジュアニ/オリアナ・シンドラ

ピック

LYN:カリスタ・ブラウム・ジャーヴァンⅣ/ガリカミール
GMB:グラガス・アリスターカシオペア/ジンジャックス

 

「GMBは強いチームですが過去の栄光で自信を持ちすぎているかもしれません」――そんな挑発的なインタビューから始まったこのマッチ。ケイン・アニビア・ヴァルスはGMBが前日にWEとの試合でピックをしたため。ターゲットバンだ。*1 なんだかんだ言いつつしっかり警戒している。

GMBのジンピックが気になったほか、印象的だったのがLYNのジャックスを見せてからのカミールピック。受けて立つといわんばかりにGMBはジャックスをピック。TOP勝負が気になるマッチとなった。

そしてまたもガリオ。ガリオ好きの私はテンションが上がる。

試合内容

LYNのJirall選手/カミール、そしてSeiya選手/ガリオの連携が光る。序盤LYNのJGがトップ側にちょっかいをかけ過ぎて撃沈するも、戦いは徐々にLYNの優勢となった。

7分50秒頃、ぎりぎりの状況に英雄降臨でガリオが駆けつけ、カミールが生き残ってLYNキル獲得。どうもこれが狙いらしい。その後も要所でガリオが駆けつけ、R-英雄降臨が輝く。

終盤になると固いガリオを見せつけ、29分の1v3などガリオの強みが存分に出たような試合内容だった。これだけ防具を積みまくれたのは、カリスタを操るwhitelotus選手のお陰でもあるだろう。的確に倒していく様は圧巻の一言。チームあってのガリオ、ますますLYNが好きになる。

そして気になるTOP勝負。狙いが分かっていたGMB側のジャックスは、21分ガリオの位置を見てカミールに1v1を仕掛ける。しかしタワー際、タワーダメージを生かしたカミールが勝利。その後、流れがGMBに傾く事はなく、35分・whitelotus選手のペンタキルと共に勝負は幕を閉じた。

☆18:00 - ONE vs DW

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match5 ONE vs DW - YouTube

ビルド等の詳細:ONE vs DW - BEST.GG

バン&ピック

バン
ONE:シンドラ、ジェイス、ジャックス/ナー、オリアナ
DW:ザヤ、カリスタ、オラフ/シェン、マオカイ
ピック
ONE:トリスターナ、セジュアニ、ブラウム/カシオペアガリ
DW:ジャーヴァンⅣ、ヴァルス、モルガナ/コーキ、フィオラ

 

相変わらずのオラフバン。そんなにオラフJGすごい?と私は気になって仕方ない。ザヤとカリスタをBANしたのが気になる。

試合内容

まさかのONE勝利、そしてタイブレーク突入。この試合については特筆する事が無い。気になったのはヴァルスとガリオのビルドくらいだろうか。

☆19:00 - WE vs GMB ※消化試合

動画:WCS 2017 Play In Day2 Match6 WE vs GMB - YouTube

ビルド等の詳細:WE vs GMB - BEST.GG

バン&ピック

バン

WE:BAN:エリス、ケイン、ジャーバン/ジャンナ、ルル
GMB:BAN:カリスタ、ガリオ、シェン/エズリアル、ニダリー

ピック

WE:1アリスター、3ヴェイン、ランブル/5グレイブス、7ルブラン
GMB:2セジュアニ、コグマウ、4チョガス/6ヌヌ、ヤスオ

 

消化試合。お遊びピックになるのは普通の流れだ。特にWEは、ここで手の内を見せたら先の試合に響く。

WE側がヴェインをピックしてアニーをちら見せしたのを皮切りに、GMBも好きなチャンピオンをピックする流れに。EDward選手のヌヌサポートは有名らしい、ファンサービスだろうか。Day1 Match5で同マッチになった時、WE側がヌヌをちらつかせたのはそういう事だったのかもしれない。ヤスオまで出してきてなんだかGMBが好きになった。

試合内容

消化試合なので全体的にはつまらないかもしれない。後半になるにつれて辛くなるヤスオ、屠られるコグマウが見ていて辛かった。その中でも現在あまり見かけないグレイブスJGや、xiye選手のルブランの強さが見れたのは良い。おふざけプレイも交えつつ、WEの勝利。GMBは敗退したが、なんだか嫌いになれないチームだった。

タイブレーク DW vs ONE

動画:WCS 2017 Play In Day2 tie break DW vs ONE - YouTube

ビルド等の詳細:ONE vs DW- BEST.GG

バン&ピック

バン

DW:カシオペアラカン、ブラウム/ガリオ、ムンド
ONE:ジャーヴァンⅣ、セジュアニ、シンドラ/モルガナ、スレッシュ
ピック
DW:1カリスタ、3グラガス、コーキ/6ランブル、タリック
ONE:2トリスターナ、オラフ、4アリスター/5オレリオン・ソル、7カミール

2位を賭けた戦い、ここでまさかのオラフオープン。当然、ONE側は喜び勇んでピック。噂のオラフJGの登場である。初見の私はドキドキが止まらない。

アリスターのピックはカリスタから取り上げた形。コーキを見てのMID選択はオレリオン・ソル。前にもどこかで(誰のどの試合か記憶にない)物凄い勢いでロームしているのを見たけど、ここでも見れるのか。

試合内容

DW、行動がタワーに繋がらない。

11分にはドラゴン戦中を狙われ、そのままボットのファーストタワーも取られてしまう。慌てて攻撃しにいくもONEは既に散開。16分にはヘラルドを取られ、ドラゴンにかかずらっているうちに今度はトップレーンのタワーを取られる。ONEに先回りされる展開に。

20分の集団戦でもまた負け、そのままONEがぎりぎりのHPの中バロンを獲得。28分には集団戦に勝利しバロンを狙いに行くが、そのうちに敵のスーパーミニオンがトップレーンから到着。バロン獲得後の集団戦でまた負け、カミールの侵入も許し敗北。

一方ONEはオラフオープンでリラックスしてプレイできたのだろうか。最初と比べて明らかに動きが違う。Round2に少し期待。

プレイインステージR1前半終了

これにてGroupAからはWE、LYN、GroupBからはC9、ONEがRound2へ進む事が決定。プレイインステージ3日目からはGroupC,Dのプレイインステージ。気になるFNC rekkles選手の登場、そしてRampage戦だ。

 

 

 

(2017.09.28 バンピック追加、いくらかの表現修正)

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)