ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦用メモ

MOBAというRTSのジャンルがあります。「League of Legends」はその中でも世界中でプレイされているMOBAの一つで、近年eスポーツとしても注目されているゲームです。昨年やっと日本サーバーが登場し、今年の3月に正式サービスが開始されました。

私はAI戦とドゥームボットのようなPvEの特殊モードを主体に遊んでいて、ときどきLoL関連の試合を観戦しているライトプレイヤーです。「2017 Wolrd Championship」(Worlds)が9月23日からスタートとの事で、観戦にあたって海外の試合を見たりしていました。

ということで、自分用にまとめたWorldsの概要と気になるポイントのメモです。

 

 

Worlds基本情報と大会形式

jp.lolesports.com

Wolrds Championshipとは、各地域のプロリーグを勝ち上がってきたチームが競い合う国際大会です。つまりは最強チーム決定戦。しかし大会形式はちょっとややこしい。

www.youtube.com

まず、12チームが「プレイインステージ(9月23~26日、9月28~29日)」で戦います。

4グループに分かれ、同グループの2チームと1本先取の対戦をします。各グループの上位2位・8チームがラウンド2へ。その後グループをシャッフルして1位vs2位の3本先取(BO5)を行い、勝った半分4チームが次のステージへ進みます。Rampageはまずここで振り落とされないようにしなければなりません。

続いて「グループステージ(10月5~8日、10月12~15日)」ここで厳しい条件をクリアした12チームも加わってさらなる過酷な戦いになります。12+4=16チームが4グループにわかれて同じ形式で戦い、各グループで上位2位となった8チーム「ノックアウトステージ」に進みます。

残る「ノックアウトステージ(10月19~22日、10月28~29日、11月4日)」はトーナメント形式なので解説する必要はないでしょう。BO5のシングルイリミネーション。これがだいたいの流れです。

チームと選手の基本情報・使用パッチなど各種サイト一覧

使用されるパッチは「7.18」。色々ナーフがされているものの、未だタンクメタ、ADCが試合を動かしていく事が多いようです。グローバルBAN(使えないチャンピオン)は「オーン」。まあ実装されたばかりなので当然と言えば当然ですね。大まかなことは下記サイトを見れば分かります。

Leaguepediaはチームの詳細な情報、選手の使用チャンピオンや戦績、チーム所属歴なんかもまとまっています。BEST.GGは現在ベータ版みたいですが、Worldsでのバンピック、スタートアイテムにルーン、マスタリー、その他数値も細かく一覧できて便利。見やすいです。

もちろん応援するのは日本、LJLのRampage(RPG)ですが、MSIGigaByte Marines (GAM)の試合が見てて楽しかったのでそちらも楽しみ。

気になるチャンピオン

ジンクス

www.youtube.com

マークスマンのジンクス。わざわざこんなミュージックビデオが作られるほどの彼女ですが、プロの試合で見かけることはほぼありませんでした。

移動スキルがなく捕まったら逃げられない、タワー破壊やキル後に移動速度上昇するパッシブも癖があって難しい。勢い付いてうっかり前に出たら簡単に溶かされるため、位置取りに常に気を使うチャンピオンです。リスクが高いのでなかなか使われないのかも。数回見かけたきりで、プロがどんな風に使いこなすかはまだ未知数です。果たしてWorldsでピックされる事はあるのか・・・?ということで。

ザヤとラカン

www.youtube.com

ほぼAI戦しかしない私がPVを見て購入を即決したザヤ。ビジュアルも操作感も大好き。

羽根の置き方が鍵になる結構テクニカルなチャンプで、上手い人が使ってるのを見るのが本当に楽しいです。ここまで評価されているのは、バンピック時にラカンをちらつかせる事ができるのもあるのでしょうか。プロの試合を見るようになってから、このザヤとトリスターナのマッチをよく見かけます。この2人のADCがバンされた後のピックもすごく気になる。

サポートのラカンも打ち上げのW、バリアのE、敵をキャッチするRと隙なし。猛威を奮っていましたが、7.18のW,Rのナーフでどんな影響を受けたのか気になります。

チョガス

タンクメタにおいて一番相手にしたくない固さといえばコイツでしょう。Rの捕食によるHP増加が本当にヤバイ。サイレンス、打ち上げ、JGとしてもTOPとしても脅威になる嫌な奴。こいつとマオカイ、バンピックが気になります。

ジャンナ

「アーデントセンサー」と共に注目されてきたサポート。相棒のADCがレリックシールドを持てば取得に向けて更に加速します。タワーにも張れるEバリアは思わぬところで味方を助ける事も。Champion.GGやOP.GGといった勝率情報が見れるサイトを覗いてみるとだいたい1位になっていて、チーム戦でなくてもその強さは折り紙つきのようです。Worldsでのピック率はいかに。

ガリオ

TOPとMIDどちらもいけるタンキーなメイジ。単純に好きなチャンピオンなんで気になってます。Rの駆けつけ性能に加えCCが大量にあって心強い。とりあえずピックしとけば良いって感じのチャンピオンでもないけど、マオカイやチョガスが出せない時、CC持ちの固いチャンプということで候補に入ってるチームもあるんじゃないでしょうか。・・・いや、実際のとこどうなんだろう。OP.GG等のサイトでは勝率が低いのが気になる・・・。

ケイン

www.youtube.com

戦った敵によってゲージを貯めて変身する変わったチャンピオン。序盤はその機動力を生かしてどんどん活躍できる一方、問題は相手次第で思ったように変身できないことです。Worldsでは入り込んでくるんでしょうか。

気になるアイテム

スペルシーフエッジ系

エンシェントコインの陰に隠れてほとんど見かけなかったこれ。序盤からレーン戦で勝っていくという使い分けを意図したバフが行われましたが、今回のバフをプロはどう評価するのか。コインがまだ優勢か。

騎士の誓い

より尖った性能を目指して調整が入っているみたいです。これまではジャングラーもとりあえずこれを積んでキャリーを守る!みたいなビルドをよく見かけましたが、今回HPが下がった事で優先度は下がったりするんでしょうか?

気になる選手

ここ一ヶ月いくらかプロ同士の試合を観戦していました。その中でも気になった選手をいくらかリストアップ。

チーム"Longzhu Gaming"所属 Khan選手/TOP

www.youtube.com

2017 LCK Summer Finalsで彼のジェイスがマジで止まらない!たった1試合で好きになりました。

どこまでも追いかけて敵を捕らえる。『タンクを拒むことでも知られていますが、レギュラーシーズン通算でジェイス10勝1敗、ジャックス5勝無敗(Worlds 2017 出場24チーム 全選手紹介より)』とのことで、Worldsでもその攻撃的なプレイを見れる事を期待しています。こだわりの強い選手、好きなんですよね。

LZの試合を見る時はバンピックにも注目したいところです。彼のジェイスはWorldsでどんな評価を受けるんでしょうか?

チーム"Fnatic"所属 Rekkles選手/ADC

www.youtube.com

彼の試合を見たとき最初ちょっとビックリしました。EU LCS 2017 Summer 3rd Place。いきなり会場に一人出てきて、なんかインタビューされてて、盛り上がっている。話していることは全く分からないが感じの良い人だ。というのが第一印象でした。

試合が始まってからは、game2の攻撃的なプレイをしていくザヤに見せられ一気に好きに。そりゃMVPにもなるわ。Worldsでの活躍も楽しみです。

チーム"Team SoloMid"所属 Bjergsen選手/MID

www.youtube.com

彼についてはエピソードにやられたというところが大いにあります。ツイッターでの発言も好感が持てる。もちろん試合を見て、プレイが好きだったからこそ調べたのですが。

アサシンが上手いらしく、SoloQでリー・シンさえ使いこなしている動画を見て思わずため息が。思わぬタイミングに思わぬところにいる・・・プロではだいたいそうですが、彼については特にその印象が強いです。Worldsではどんな風に敵を翻弄してくれるんでしょう。

チーム"GigaByte Marines"所属 Levi選手/JUNGLER

www.youtube.com

GAMMSIで見て以来チーム自体好きなのですが、どの試合でもなんだかLeviが気になります。

どの試合でもなんか跳ねてるイメージがある。カ=ジックスの所為でしょうね。GAMの面白いプレイは彼が支えていると個人的には思っています。Twitchでランク戦の個人配信をいくらか見たらエズリアルジャングルにも挑戦していたみたいで、Worldsではどんなピックを見せてくれるのか楽しみです。

チーム"Rampage"所属 Dara選手/SUPPORT

www.youtube.com

レーンコントロールの為にどこでも現れて「どこでもダラ」と呼ばれたり、徹底的に守るプレイからか「ママ」と呼ばれたり、色々あだなが付いている彼。それもサポートとしての頼りになるプレイからでしょう。Rampageで一番気になるのはDara選手です。

珍プレイの部類ですが、個人的にはRiftRivals2017でのリデンプションキルが印象に残っています。あと最近2016IWCを動画で見て、1v1も上手いので驚きでした。Worldsでも活躍を期待しています。 

観戦はTwitchで、Worlds2017全試合を生中継

観戦はLoLEsportの日本語サイトから。TwitchのRiotGameJPアカウントで全試合が生中継されるようです。視聴のみなら登録の必要なし、チャットを非表示にすることもできます。

23日の放送を見た限りでは実況解説は4人体制。全試合がっつり実況するようなので、私のような基本的な事しか頭に入っていない人間でも安心して見れそうです。楽しみ。

www.twitch.tv

 

 

(2017.09.24 何度か記事修正)

(2017.09.24 BEST.GGについて追加。今後も有用なサイトを見つけたら追記予定)

(2017.09.25 Youtubeの全試合再生リスト追加)

(2017.09.28 大会形式について説明の訂正)

(2017.10.28 グループステージの動画リストへのリンク追加)

(2017.10.31 games of legendsへのリンクを追加。色々な数字が見れますが、特にバンピックの統計が見れて便利でした。)

(2017.11.01 準々決勝の動画リストへのリンク追加)

(2017.11.08 準決勝の動画リストへのリンク追加)
(2017.11.10 決勝の動画リストへのリンク追加)

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)

 

 

Get Jinxed

Get Jinxed