ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【年に一度のお祭り!】League of Legends All-star!!2017 面白かった試合まとめ


WCS観戦からしばらく。熱冷めやらずKespaカップの観戦、更にはAll-Starの観戦をしていました。このALL-Starが個人的にかなり楽しかったので、ふとまとめてみようと思ったのです。

utugishumi.hatenablog.com

しかしWCSの観戦記録は長すぎた。なにより疲れた・・・。ということで、今回まとめを作るにあたって、少し方針を変更することに。

今回は面白かった試合を中心に、短く見所を紹介していこうと思います。いや、やっぱり長いかも。

 

All-Starってなに?

jp.lolesports.com

1年に一度のお祭りイベント、それが「All-Star」。去年までは1体のスレッシュを2人で操作したり(動画)、同じチャンピオンを5人でプレイしたりと(  動画1:リー・シン対決)(動画2:ブリッツ対決)、プロ選手が本気でおふざけモードで遊ぶお祭り要素もありました。

しかし今回はガラリと様相を変え、ガチめに方針変更。「俺の考えた最強のメンバー」をファンが投票し、ドリームチームで戦ってもらおうという形式に変更されました。シンプルに1v1と5v5の試合が行われます。

使用パッチは7.23 新しいメタ、新しいルーン

今回のパッチはこちら:パッチノート 7.23 | League of Legends

アーデントセンサーのライフスティールがなくなり、いわゆるアーデントセンサーメタと呼ばれる時期が終了。サポートのピックの幅が広がりました。

更に新ルーンが登場!マスタリーが無くなり、ルーンのみに。まず「栄華」「覇道」「魔道」「不滅」「天啓」の5つのから1つ選択肢、4つの能力を選びます。さらにサブパスとして、残った4つのパスの中から1つを選択。2つの能力を選択し、計6つの能力を組み合わせて戦います。

この新ルーンにより「レベル30にならないとマスタリーが作れなくて弱い!」という事がなくなり、IPを貯める必要もなくなりました。初心者に優しい仕様変更ですね。

ねこばば、そして彗星・エアリー

一方でまだまだ調整不足の面も。

中でも厄介なのが「ねこばば」。通常攻撃を当てるだけでどんどんアイテムを拾う事ができ、殴り合っているだけで早めに装備が作れてしまいます。特に通常攻撃が乗るスキルを持つエズリアルはねこばばとの相性抜群。長らく離れていたADCポジションに復帰する事になり、OPチャンプとしてバン対象に挙がっています。

f:id:jemiah93:20171223072603j:plain

また、「魔道」パスが強力です。キーストーンとなる「彗星」はスキルを撃つたびにAOEダメージを飛ばすいやらしい能力。その追撃で死にいたる事もあります。「エアリー」も通常攻撃かスキルの毎にエアリーによる追撃が入り、シールドも強化してくれる器用なキーストーン。バリアを多用するチャンピオンの他、ハラスを良くするチャンピオンとの相性が抜群です。結果、TOPで良く使用されるナーパンテオンまでキーストーン・エアリーを選択する事態に。タンクチャンピオンにはちょっと辛い環境になっています。

更に、一定時間毎にマナを回復する「マナフローバンド」のお陰で、睨み合い中のスキルの打ち合いで活躍するいわゆる「ポーク系」チャンピオンの運用が楽になりました。かくしてADCまでもが「彗星」や「エアリー」を持ち、ボットレーンは壮絶なハラスのし合いが起こる戦場に。そんな環境なので、かつて一世を風靡したミス・フォーチューンがサポートに返り咲いた他、射程命だったはずのゼラスがメタに復帰し、ミッドだけでなくサポートに登場する事になりました。

スキルを連発する事が増えたため「脅威」ビルドも復活。ジンがメタに復権し、ヴァルスの評価も少し上がっています。逆に、今まで猛威を振るってきたトリスターナやザヤをはじめとしたクリティカルビルドが主体のADCは少し勢いが衰えているよう。「栄華」パスに比べ「魔道」があまりに強力な所為でしょう・・・。

ゾーイとオーンの脅威

更に新登場のチャンピオン、ゾーイとオーンが強力です。オーンは登場時からどんどんバフされているうえに、ショップを離れていても装備アイテムが作れるパッシブが強力。たとえばルビークリスタルを作ると、ルビークリスタル分HPが回復し、楽々レーンに居座り続ける事ができます。装備を作るタイミングの難しさを差し引いても非常に強力です。(回復アイテムを作れない意味って!?)

さらにゾーイはEの睡眠スキルが強力。射程が長い為、どんなところでも狙えるのも厭らしいところです。リリースされたばかりのチャンピオンなのでグローバルバンなのかと思いきや、まさかのバンなし。7.23の次のパッチとしてリリースされた7.24では睡眠効果の時間がバフされるという謎調整を受けて、今大会でもヘイトを集めています。この2人のチャンピオンのバンピックにも注目。

他にはコアな話題としては、7.22パッチでジャングルに関する変更が入っています(パッチノート 7.22 | League of Legends)。中立モンスターの経験値変更、CS数の扱いが変更になりました。

また、視界において「覇道」「ゾンビワード」が猛威を振るっています。自分のワードが壊れるか相手のワードを破壊すればワードが出てくるのですが、設置数の制限がありません・・・。対抗馬であるはずの目玉コレクターも機能しておらず、ポロワードも微妙。プレシーズンだからかまだまだ調整が必要そうな感じ・・・。それが7.23というパッチです。

そんな中でガチめの大会をしたいだって!?正気ですか、ライアットゲームズさん!?

面白かった試合

でも蓋を開けてみればまあ楽しかった。ときどき「これやっぱ調整不足では」と頭を抱える事もあれど、プロの華麗なプレイは健在。今回は特に面白い試合が多かったように思います。その中で好きな試合をいくらか紹介していきたいと思います。

5v5のおすすめ試合

今回は1v1と5v5の大会があるので、まずは5v5の試合から。

ゾーイ強すぎ! NA vs BR

www.youtube.com

1日目の1戦目。初っ端からやってくれました。Bjergsen選手のゾーイが大暴れ。

プロシーンでE当たるの?という疑問の中始まったこの試合ですが、使い手はあのBjergsen選手。延々とレーン押してる、射程の長さで楽々キルを拾い、マルザハールがカウンターとして機能しない。縦横無尽に駆け巡ってゲームをぶっ壊す悪魔になっていました。こ、これはバンしないと駄目だ・・・。

他にもボットレーンで入り乱れる彗星、ナーにエアリー、解放の魔導書でサモナースペルを切り替えるマルザハールなど、新パッチの博覧会のような内容に。個人的には、Sneaky選手/ヴァルスを中心としたNAチームの連携にも注目です。

美しいジンのスキルショット KR vs EU

youtu.be

こちらも1日目。Pray選手/ジンのスキル精度が光ります。ジンのスナイパーっぽさが大好きな私にはたまらない試合でした。他にもGorilla選手/タムケンチの身を挺した守りなど見所満載。

その中でも最大限の働きを見せるEUチームのsOAZ選手/マオカイもすごい。唯一の不満点はIgNer選手のブリッツが堪能できなかった点ですが、相手が相手なのでさもありなん・・・。

こちらのジンもカッコイイ!Bebe選手のペンタキル TUR vs LMS

youtu.be

こちらも1日目。なんといっても注目したいのがBebe選手。シーズン2優勝チームにもいた彼は、今シーズンで引退だそうです(参考サイト:[LoL All-Star] LMS BeBe: "I won't change my mind on retirement." - Inven Global)。そんな最後の大会の最初の試合で決めたペンタキル。他にも24分のバロンを止めさせた動きなど、スキル精度が光ります。

Faker選手もゾーイに成す術なし  LMS vs KR

youtu.be

あの試合でもその試合でもゾーイ。それでもFaker選手なら、Faker選手ならなんとかしてくれる!そんなファンの期待を跳ね除けてしまった1日目の5v5最終戦

Faker選手でも駄目なら駄目だよ。これバンだよ。そんな評価の付いた1戦でした。

第三のクルーグ、ヘラルド EU vs TUR

youtu.be

2日目の1試合目。PowerOfEvil選手のゼラス!IgNer選手のタムケンチ!Jankos選手のカジックスもかっこよかったし、sOAZ選手のナサスも、rekkles選手のトリスターナも捨てがたいがこの試合はなんと言ってもヘラルド!

クルーグの所に召喚したヘラルドがいつまでも居座り続ける!sOAZ選手が起こしに行くのか行かないのかと焦らされる所も楽しかったです。(動画

急造チームの躍進・シェンサポート登場 NA vs SEA

www.youtube.com

今回注目したいのがSEA。なんとビザの問題で選手が急遽変更に。おいおいFBでも見たぞその展開。しかも今回はLevi選手以外は全員入れ替えだっていうんだから驚きです。*1

そんなん試合成り立たないんじゃないの!?という不安を跳ね除けてくれたのが2日目のこの試合でした。Kra選手のシェンサポートが光ります。急造チームとは思えない連携を見せ、見事1勝目を掴み取りました。

まさかの準決勝進出! BR vs SEA

youtu.be

更にすごかったのがこの試合。レーン有利の取り合いが面白すぎる。個人的には前日の1v1でギリギリの戦いをしていたJisu選手が、1v2でもギリギリの戦いを!?というのが印象的でした(動画)。

序盤はBR有利だったものの、バロン周辺の戦いになった途端SEA側が的確な動きを繰り返し、Jisu選手/ジェイスの度重なるスプリットプッシュがBRのベースを直撃。いや、Dantiz選手まで!?貴方はADCだろ!?

バロンを狙えばネクサスがやばい、ベースを守ればバロンをされる・・・。そんなスプリットプッシュの理想的な形を作り出し、まさかのSEA、準決勝進出の運びに。

これぞタンクだ! 準決勝KR vs CN 

youtu.be

CNの強気なプレイが際立つ試合内容。WCSでも思いましたが、CNのこういう殺気さえ感じられるプレイが私は好きです。

要所でMlxg選手/セジュアニが捕まえ、957選手/ナーがCuvee選手のシェンを叩き潰し、ボットレーンではMeiko選手のブラウムがアグレッシブにレーン状況を支えます。とにかくCNチームのタンク連中がかっこよすぎる。

xiye選手/マルザハールのネザーグラスプも最高のタイミングで活躍します。彼等に支えられて最後にダメージを叩き出すのはUzi選手。バランスの取れたチームだと感じた一戦でした。

まさかのアニートップ!? 決勝戦 CN vs LMS

youtu.be

前試合でラムスJGを見せたCNが今度はアニーTOP!これ決勝ですよ!?

試合中もイベントが盛りだくさんです。開始いきなり3-2のキルトレードが発生し、4分にはJG同士が睨み合いなど、序盤からガツガツ攻めて行くCN、負けていないLMSが印象的でした。

歴代6位の試合時間! 決勝戦 CN vs LMS

youtu.be

そして疲れたなーという試合の後にこれですよ。なんと1時間超!そんな中でも集中力を切らさず熱戦を繰り広げる両者、時間があれば是非見ていただきたい試合です。

個人的には、あれだけ大変だったはずのLMS/Karsa選手が、試合後も笑顔だったのが印象的でした。なんてメンタルだ。67分のエルダースティールは必見です(動画)。

2-2に持ち込んだバロンスティール 決勝戦 CN vs LMS

youtu.be

笑顔の勝利なのか。Game4を決めたのはLMS。序盤はMeiko選手のスレッシュを中心に有利を作ったものの、中盤を過ぎるとLMSが徐々に有利を取り返します。29分にはKarsa選手がバロンスティールを決め(動画)、33分には集団戦の勝利で試合の流れを一気に引き寄せました。個人的にはあまり活躍が見れなかったZiv選手が、ここにきてケネンで活躍しているところが見れたのも嬉しかったです。

この試合中にはBebe選手が国際戦におけるCSレコード1位を更新した(764CS)との情報も入り(動画)、引退が勿体無いと思うような試合内容を見せてくれました。

最終的にはCNの勝利でしたが、引退前の国際戦で素晴らしいパフォーマンスを見せたBebe選手。そしてKarsa選手の今後にも期待です。

1v1のおすすめ試合

ハウリングアビスで行われるこの1v1はちょっとルールが特殊です。勝利条件は「100CS」「ファーストブラッド」「ファーストタワー」このどれか1つを達成する事。更にはブラインドピックで、ミラーマッチも起こりえます。ガチめの試合とはいえ相手とのVC有り、お祭り感は残っている印象でした。その中でも面白い試合をいくつか紹介。

 100体目はお前だ! Faker vs VVVert

youtu.be

※日本語実況はこちら、Twitchです(動画

Faker選手のナサスが強い。Eがだるい、Wがだるい、Qが痛い。これは100CSで勝ちかと思いきや、最後は99CSの時点でVVvert選手を捕らえ、ファーストブラッド。見事勝利を決めました。いきなりこんな面白いものを見せてくれるとは。

パンテオンの盾OP! PowerOfEvil vs Jisu

youtu.be

※日本語実況はこちら(動画

Jisu選手=1v1でギリギリ勝っちゃう人、という印象が付いた試合でした。彼は後の1v1でも終始こんな感じです。

お互いエアリーで序盤はハラスのし合い。CSを見ても形勢はPowerOfEvil選手の有利。いや、そこからのダメージトレードじゃパンテオン勝てないんじゃ?と思いきや、最後はパッシブでオリアナの一撃分を防ぎ、Jisu選手が槍を当てて勝利。

最後に決めたのはミニオン Meiko vs Frozen

youtu.be

※日本語実況はこちら(動画

アジールを操るMeiko選手というのも勿論ですが、思い切ったブッシュへの飛び込み、そこからミニオンでFrozen選手がダウンした!という一連の流れが面白くて笑ってしまいました。Frozen選手も決して悪くないプレイだったのですが・・・惜しい。

バンは「TURKEY」  rekkles vs Zeitnot

youtu.be

1v1を今回一番楽しんでいたのは彼なんじゃないでしょうか。「TwitchUrgotRakanKalistaEzrealYorick」と早速バンで遊んでいます。お祭り感の薄れたAll-Starで、遊び心を見せてくれたrekkles選手。ますます好きになりました。ピックはまさかの両者ジン、ミラーマッチです。

まさかの勝ち逃げ! Bjergsen vs Faker

youtu.be

これですごいと思ってたら上がいた。準決勝、Faker選手相手にまさかのタリヤ。ひたすら丁寧なウェーブプッシュ。回復を全部取り、ウィーバーウォールでリコールを邪魔。終始Faker選手を翻弄し、Bjergsen選手が100csを取りきっての勝利でした。これは納得のTSMコールです。

今度はオラフでギリギリの戦い! Jisu vs Meiko

youtu.be

日本語実況はこちら(動画

ギリギリの戦いは1回で終わらなかった。csはほぼ互角。やらないと負けもありうる。イグゾーストも動員した互角の殴り合いの後、Jisu選手を救ったのは1つの回復でした。一目散に駆けて回復を取ったJisu選手。HPもマナも確保し、最後は斧の一撃で勝利。持ってますね・・・!

1v1強者の実力 Uzi vs BR TT

youtu.be

1v1トーナメントで1位を取ったUzi選手がいかんなく実力を発揮してくれた試合でした。同じミス・フォーチュンで、ルーンの選択、ウェーブコントロール、終始ゲームを支配し続けての勝利。・・・強い。

まさかのガレン対決 Pray vs rekkles

youtu.be

今度はバンで「LZPRAY」。更にガレンのミラーマッチ。ADCのガレンなんて普段は絶対に見れません。40秒はお互いダンスモーションで楽しそうにしていたのが印象的でした。

気になる勝負はPray選手の圧勝。レベル6になるまでもなく、サモナースペルを使いきったPray選手の思い切りの良い飛び込みで決まりました。本当はADC対決も見たかったけど、これはこれで嬉しい。・・・やっぱり、特殊モード復活しません?

タムケンチにフェイズラッシュ!?  Bjergsen vs Jisu

youtu.be

結果的にBjergsen選手の勝ちでしたが、面白い戦略で私達を沸かせてくれました。フェイズラッシュにタムケンチ、新ルーンにはこんな使い方もあるんですね。後一歩まで追い込むプレイで魅せてくれたJisu選手、今後は彼の活躍にも注目したいです。

ゾーイでも受けて立つ! Uzi vs Pray

youtu.be

ひたすらゾーイにこだわるPray選手、あえてゾーイをバンしないで受けて立つUzi選手。そんな対比が印象的でした。最後はADC/ヴァルスにこだわったUzi選手の勝利。Uzi選手の1v1の強さとこだわりが伝わってくる、良い試合です。

1v1頂上決戦 Bjergsen vs Uzi

youtu.be

最後はタワー下で丁寧にCSを取りながら虎視眈々とキルを狙ったUzi選手の勝利でした。ライズの選択がもっと活きているところが見たかった。ともかくお疲れ様です。

おまけ:数字で見るAll-Star 2017

jp.lolesports.com

以上が個人的に見ていて楽しかった試合です。いかがだったでしょうか。(思いのほか長かったので、記事分割も考えています。)

最後に公式ページで紹介されていた「数字で見るAll-Star 2017」を紹介。今年は特殊モードがなかったのが少し残念でしたが(今年から観戦を始めて生配信で見たかったのでなおさら)、それでも面白い試合が多くて楽しかったです。選手の移籍もどんどん発表されて、来年がどんな年になるか楽しみですね。

 

 

(2018.01.03 誤字などちょっと修正しました)
(2018.01.25 bebe選手に関するリンクミスを修正しました。古い記事を取り違えて掲載してしまったようです)