ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/ノックアウトステージ/ 決勝/SKT vs SSG

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」決勝「SKT vs SSG」まとめです。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

★Game1 SSG勝利

動画: WCS 2017 Final Game1 SKT vs SSG - YouTube

動画(本家):SSG vs. SKT | Finals Game 1 | 2017 World Championship | Samsung Galaxy vs SK telecom T1 - YouTube

※本家でも試合前に勝利予想があったので参考までに。

ビルド等の詳細:SKT vs SSG set1 - BEST.GG

 

試合とはあまり関係ありませんが、この勝利予想のくだり・実況解説4人集合での感想戦が大好きです。ぎこちない事が多々あったDay1さんの喋りもここにきてかなり良くなっていてびっくりしました。

個人的には、日本においてまだまだマイナーなこのゲームで、これだけ優秀で情熱のある実況解説、スタッフが揃っているのはすごい事だと思います。今後もこんな環境で観戦していきたいものです・・・。

バン&ピック内容

バン
SSG:ジェイス、ラカン、セジュアニ/シンドラ、タリヤ
SKT:カリスタ、ガリオ、トリスターナ/ジャーヴァン、シェン
ピック
SSG:1ジャンナ、3ザヤ、マルザハール/6ケネン、ザック
SKT:2ヴァルス、グラガス、4ルル/5ナー、7カシオペア

 

当日のメモには「LZに勝ったんだから優勝してくれ!SSG!」と一言。そう、私のpick'em予想はLZ優勝だったのだ・・・。

マルザハール先出し、ナーに対してケネン。更にザック。まるで用意していたかのようなピック。対してラストピックのカシオペア、珍しい!果たして初戦の調子はいかに。

試合内容

トップのCS差だけがどんどんSSG有利になっていく中、なかなか動かせない両者。動いたのは6分、SSG/ザックのガンクでSKT/ヴァルスのフラッシュ落ちる。7分マルザハールのRによってSKT/カシオペアのフラッシュ落ち、全レーンがSSG有利に。10分、これを利用してドラゴンをSSGが獲得。13分にはタワーにミニオンを押し込んだ勢いのまま、SSGがボットのファーストタワーを獲得した。

SSGのボットコンビはミッドへ、そのまま1・3・1の形を始める。15分にはヘラルド、そのままミッドタワー破壊。この1・3・1の形をSKT側に押し付けることで、ロームが苦手なSKT/カシオペアをサイドレーンに置く作戦らしい。Faker選手潰しだ。
19分にはトップのファーストタワー、セカンドタワー破壊。SKT/カシオペアがボットのファーストタワーを破壊するも、追いつけない。あっという間にSKTの視界は真っ暗に。バロンの視界も完璧。ワーディングの教科書みたいだ。

23分、SKT/peanut選手のバロンスティールで窮地は脱すが、集団戦ではSSG勝利。4キルを渡してしまい、SKTはかえって不利な状況に。
その後も1・3・1の形は続き、31分には土ドラx3のSSG、猛スピードでバロン獲得。34分には1v2の形をSSG/Cuvee選手/ケネンがいなしている間にトップのインヒビタータワーも獲得。丁寧なプレイで大きな集団戦を起こさないままタワーを削り、37分にはインヒビター3本獲得。オブジェクトを取るゲームをSSGが制した。

☆Game2 SSG勝利

動画:WCS 2017 Final Game2 SKT vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:SKT vs SSG set2 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
SSG:ジェイス、ラカン、セジュアニ/シンドラ、タリヤ
SKT:カリスタ、トリスターナ、ガリオ/シェン、ザック
ピック
SSG:1ジャンナ、3ザヤ、マルザハール/6ジャーヴァン、ナー
SKT:2ヴァルス、グラガス、4ルル/5ライズ7ヤスオ

 

え?同じドラフトすんの?と戸惑う中現れたのがヤスオ。グループステージ7日目でMSFがTSMに対して当てたピックだ・・・。やっぱりMSFの影響受けまくりじゃないか!*1

試合内容

Huni選手とヤスオが合ってないという解説の話、レーンの押し込みから呼び込むという話から始まったこの試合。

SKTの青バフスティールからスタート。トップ側のジャングルを荒らし、SSG/ジャーヴァンを追い出して、徹底的にSKT/ヤスオをサポートする動きをしていく。

8分青バフスティールSKT、さらにポータルで、9分マルザハールミッドガンクで1v3やられる。ファーストブラッドはSKT/Faker選手/ライズとなり、ミッドレーンが辛くなった。
しかし11分、ボットタワーを狙うSKT3人のフラッシュをSSG/ジャーヴァンの決戦場、更にSSG/ナーのテレポートによって落とす。14分ボット側で集団戦。SKTがドラゴンを取る代わりにトップレーンがSSG有利に。17分ナーを三人で囲い込んで取り、ファーストタワーはSKTが取るが、19分には集団戦でSSGが勝った。SKTのフォーカスが分散してしまい、SSGが2キル獲得。
21分にはエース獲得SSG。危ないかと思われたその時、Cuvee選手/ナーが颯爽と駆けつけ絶妙なメガナー変身からスタンを決める・・・!かっこよすぎ!そのままSSGがバロンを獲得し、SKTがトップレーンにかけた有利分を踏み潰した。
ボット、ミッド、トップのセカンドタワー破壊し、30分にはCrown選手/マルザハールとCuvee選手/ナーのプレッシャーでバロンを楽々獲得。SKT成す術なく、SSG勝利。

☆Game3 SSG勝利

動画: WCS 2017 Final Game3 SKT vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:SKT vs SSG set3 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
SSG:ジェイス、ラカン、カサディン/タリヤ、ナー
SKT:カリスタ、ジャンナ、ガリオ/シェン、ケネン
ピック
SSG:1セジュアニ、3ヴァルス、ルル/マルザハール、チョガス
SKT:2トリスターナ、グラガス、4レオナ/5カルマ、7トランドル

 

レオナピックを見てすぐIgNer選手のツイッターを確認する私。やっぱり喜んでいた。*2トリスターナにカルマ・・・。またMSFかい!SKTはMSFに恋をしてしまったのだろうか・・・。

試合内容

3分ファーストブラッドはSKT/huni選手/トランドル。手厚いトップへのフォローは変わらず、6分もSKTのガンク成功。ミッドレーンもSKTが有利。しかし、ADCのCS差がやばい。

取り返そうと10分、SKTがボットレーン側で2キル。更にミッドガンクをし徹底的に潰す。しかしそれでも削れているミッドタワー、埋まらないADCのCS差、こんなにキルを取ってもSSGは崩れそうもない。

12分にはボットレーンに駆けつけたSSG/マルザハールのピンチをambition選手/セジュアニが救う。13分にはFaker選手/カルマが落ち、トップタワーとヘラルドはSKTが折るものの、ロームしすぎた影響でミッドタワーはボロボロ。ミッドのファーストタワーは取られてFaker選手が動きづらそうに。状況はSSGの有利だ。
19分には、ヘラルドと共に突撃するSKTをSSGが集団戦を抑えヘラルドに突進さえさせない。

21分集団戦勝利SKT、今まで存在感の無かったSKT/Wolf選手/レオナから仕掛け、バロンはSKT。やっとSKTが大きな有利を掴む。タワーを折っていくが、集団戦では有利を掴めず、30分が経過した。

31分、バロン周辺でBang選手が致命的なミス。SSGが集団戦で勝ち、バロンをSSGが獲得。ミッドインヒビターからエンドも狙える展開になってしまう。必死で押し返すSKT。なんとか3キル、35分エルダードラゴン獲得はSKTだが苦しい状況は変わらず。

39分にはRuler選手/ヴァルスのフラッシュインからの穢れの連鎖でfaker選手が捕まり、手厚いシールドで倒れる事もなくダメージを出し続けた。

SSG、雪辱果たし優勝へ

まさかの3-0でのSSG勝利。SSGに勝ってほしいとは思っていたものの、こんな終わり方になるとは思わなかった。Faker選手のうなだれた姿には、特別ファンではない私でも胸が苦しくなった・・・。

一方SSGは、JGのAmbition選手を中心に丁寧なバンピックと試合中のマクロコントロールでSKTを圧倒した。グループステージではピンと来なかったのだが、ノックアウトステージに入った途端安定感が増し、バックにいるスタッフのサポートの厚さ、分析力の高さを感じた。

こんなにがっつりまとめる機会はもうないかもしれないが、WCS観戦は楽しかったので、今後もプロシーンの観戦は続けていこうと思う。この大会に関わった全ての人に感謝を。

おまけ:The Breakdown Episode 27 

www.youtube.com

動画は最後のカルマを捕まえた所の解説。圧倒的なようで、Ruler選手を徹底的に守ったSSGのプレイあってのダメージだったのですね。

締めの言葉に使われたCuvee選手のインタビューでの言葉、「僕は最高のチームの一員になりたいだけで、最高のトップレーナーの称号は意識していません。その称号があっても大会には勝てませんから」・・・カッコイイ。

Eyes on Worlds:エピソード4

www.youtube.com

Edgarコーチの「まだ0-0だ!」というのが個人的にぐっときました。

おまけ:SamsungGalaxy WCS優勝インタビュー集

shotcalling.jp

Ambition選手の奥さんって準決勝の時応援に来てくれてたの!?素敵な奥さんだな!Crown選手の母親も素敵な人だ。他にもスタッフへの感謝など、バックにいる人々のサポートあっての優勝だったのだとひしと感じるインタビューでした。

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)