ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【LOL】2018年World Championship/グループステージ4日目感想【観戦メモ】


utugishumi.hatenablog.com

 

 2018年World Championship(WCS,Worlds)/グループステージ・4日目感想まとめです。

グループステージ4日目(10月13日)

グループステージ前半戦終了。この日はやっと調子を戻してきた感じのするAFsの試合も見れてほっと一安心。G2やっぱり2位にしとけばよかったじゃんと思ったり、グループC順当に行ってんなあマイピックみたいに波乱はなさそうかなあと思ったり、pick'emについて色々思うところある日でもありました。

関連記事

alienwarezone.jp

Alienwarezoneでは翌日14日から、前半戦の振り返りやインタビュー記事を掲載開始。こうして現地レポートやインタビュー記事が色々なサイトで読めるのは楽しいですね。

www.invenglobal.com

sOAZ選手のインタビューでは、GRX戦3分~4分の戦闘、Bwipo選手のWCS初戦についても触れられていました。

動画リスト(英語実況)

AFs vs PVB(勝:AFs)

選手交代:Spirit選手→Mowgli選手

バンピック所感

スウェインvsガリオ。なんかスウェインピックが増えてきたぞ・・・?リサンドラがいけるんならもっとゴツさのあるこいつでもええやんみたいな感じだろうか。

PVBはラカンとエズリアルを選ぶ。ダメージを出すのが難しい8.19のエズリアル、一人でもレーンにいられるのが強みだが果たして活かされるのか。

感想

AFsがここに来て調子を取り戻し始めている。

決定的となったのが7分のAFs/Kuro選手のダブルキル。ガンクに対して見事にカウンターを決めて見せる。その後更にMowgli選手ダブルキル、ドラゴン、ファーストタワーと順調に有利を積み重ね、22分の集団戦ではもはやどうにもならないほどの差になっていた。AFs勝利。

FW vs G2(勝:G2)

バンピック所感

Hjarnan選手のジンがグループステージでも出てきた。FW相手にレーンは維持できるのか。対してFWはプロテクトBetty選手構成。

感想

なるべく戦闘しないG2の強い意志を感じる試合だった。戦闘の内容を見るとFWにも勝ち目はあったと思うがG2は上手く避けていたと思う。最後はバロン周辺での戦いのさなか、普通にスプリットプッシュしてG2の勝利。・・・あれ?もしかしてG2調子上がってきた?

IG vs 100T(勝:IG)

バンピック所感

スレッシュ先出しに100Tはブラウムで答える。エイトロックスとアーゴットをバンするとサイオンの優先率が高い。IGが抑える。アサシンに対するアフターショックリサンドラがもうすっかり普通のピックと化していて驚く。

感想

2キル取り、出だしは好調だった100T。しかし9分、IGにあっさり囲まれてボコボコにされた後はダブルバフを持ったリサンドラにミッドレーンをぼこぼこにされボットレーンも破壊され一気に試合がIGに傾いた。IG勝利。

ただ、今までと比べAnDa選手を中心に100Tの動きは良くなって来ている感じがした。

FNC vs GRX(勝:FNC)

選手交代:sOAZ選手→Bwipo選手

バンピック所感

Broxah選手のリー・シンだ!?

感想

Broxah選手のリー・シンがキャリーしまくった試合だった。

Bwipo選手のパフォーマンスも良い。3分には少ないマナの中、タワー近くで粘りCaps選手にファーストブラッドを渡せる展開を作り出した。その後の5分もボットレーンに参上し、チームに大勝利を齎す。その後はFNCがテンポ良くサモナーズリフトを破壊していった。Hylissang選手も勘所を取り戻しているようであり、ほっとする試合内容だった。

TL vs MAD(勝:TL)

バンピック所感

トップレーンはアーゴットとエイトロック以外は強烈な差がなく、本人の技量に左右されやすい印象。今回サイオンに対して当てられたのはシェンだ。

感想

TLの勝ちだったがすごくモヤモヤする試合内容。MAD側のR発動タイミングがなんか変。kongyue選手/タリヤの壁が進路を阻んだり、MAD/Liang選手/サイオンが中途半端に突撃しては戻る、行こうとしては退く、みたいな煮え切らない動きを何度もしていたのが引っ掛かった。

KT vs EDG(勝:KT)

バンピック所感

EDG、自分達でエイトロックスをバン、トップアカリが本当に訳が分からない。Ray選手ならエイトロックスでいけるのでは・・・?対してKTはアーゴット・アリスターと手堅いピックにシン・ジャオ。今大会ではちょいちょい見かける気がする。

感想

Deft選手のザヤが美しい。2分ガンクが決まった後は、ボットレーンを中心に丁寧にボコボコにしていった。9分も飛び込みすぎたKTに食らい付こうとするがあっさり失敗。逆にボットレーンを明け渡す結果になってしまう。その後も丁寧に有利を広げていったKTの勝利。