ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【LOL】2018年World Championship/ノックアウトステージ2日目/準々決勝感想【観戦メモ】


utugishumi.hatenablog.com

 

2018年World Championship(WCS,Worlds)/ノックアウトステージ2日目感想まとめです。

ノックアウトステージ2日目(10月21日)

ノックアウトステージ2日目。C9がまさかの3-0でAFsを破り、FNCも初戦を落としながら3-1で勝利。この日は当日の試合が云々よりも、「準決勝がEUvsNAになるの!?」という驚きの方が強かったように記憶しています。

動画リスト(英語実況)

関連動画

C9 vs AFs(3-0)(勝:C9)

MID勝負は正直Jensen選手の方が上だと思っていて、サイドレーン勝負がどうなるか・・・という部分が個人的な注目ポイントでした。結果としては各レーン「さっさと勝負つけるぜ」構成のC9にAFsが対応しきれず負けたという感じ。勝負以前にバンピックで決まってしまうこと、この大会多い気がします。

Game1

バンピック
バンピック所感

なぜカサディンなのか。AFsのバンピックについてはこれにつきる。Kuro選手にウェーブを押せるチャンピオンを渡して欲しい・・・。一方C9は分かりやすく、ルシアン・ルブラン・エイトロックスと早めに勝負をつけるぞという構成。

感想

Svenskeren選手のファーストブラッドから始まった試合。ミッドガンクが成功してから徐々にレーン有利を作り、ルブランが自由に動けるようになればAFsは前に出れない。

C9勝利。

Game2

選手交代:Spirit選手→Mowgli選手

バンピック
バンピック所感

グレイシャルアーリが来た。Game1と同じ作戦を続ける中でちょっと構成を変えてきたC9。対して気になるのがAFsのルブランバン、取るという選択肢はなかったのか・・・。やっぱりバンピックが心配だ。

感想

Kiin選手を中心に順調にキルは稼いでいくものの、タワーはC9が先に取った。そこからは微妙にC9がタワー有利を取りながら進む。青バフにMowgli選手が倒されるシーンも。AFsが追い返す場面もあるも攻めるところまではいけず、C9勝利。

Game3

選手交代:Spirit選手→Mowgli選手

バンピック
バンピック所感

(あとで)

感想

イーブンな戦いが続く中、狙われる青バフ。ミッドレーンはやはりC9有利だ。サイドレーンは互角の戦いを展開する両者だが、JGの介入になると飛び込んでいけるノクターンの方が強く、AFsは苦戦。それでもファーストタワーはAFsが取るが続かず、バロンスティールをされた後はずっとC9のペース。

FNC vs EDG(3-1)(勝:FNC)

3-1でFNC勝利。ここでもレーンを押せる得意なチャンピオンが取れるかの対決でしたが、その中でも意外なピックが輝いていました。エイトロックスとアーゴットがいなくなったサモナーズリフトは意外とカオスですね。あと個人的には、Hylissang選手のスレッシュが見れてニヤニヤ。

Game1

バンピック
バンピック所感

FNC、エリスだと・・・?でもそれすんならザヤラカンはまずくない?
EDGは無難に中盤強いチャンピオンをピックした中でクレッドが輝く。Ray選手のクレッド、ちょっと楽しみだぞ。

感想

集団でかかればFNCが戦えるものの、少し入り方が悪ければEDG有利。最後は青バフ周辺でうろうろしていたFNCの面々をMeiko選手が華麗に捕まえ、そのままバロンを取った勢いでEDG勝利。

Game2

バンピック
バンピック所感

カイサにこだわるEDGのピックが気になる。EDGってレーンから勝つチームじゃなかったっけ?ガリオ、シェンを携えADCプロテクト構成だ。試したいんだろうか。
対してFNCはイレリアにこだわり続ける。しかし今度はシンジャオとブラウムを次にピックし、Caps選手への支援体制を整えた感じだ。シヴィア、ビクターとそれぞれのレーナーが得意なチャンピオンを確保し万全。

感想

このゲームはどっちの防御スキルが高いでしょう対決みたいな印象が強い。

序盤はボットレーンを中心にゲームメイクしようとするEDGが大きく有利。味方の元に飛んでいけるダブルRが強い。しかしFNCの狙いであるCaps選手の育成はじわじわ進み、EDGがタワーを取れないでいるうちにFNCのターンが来た。

14分サイドレーンのタワートレードをした後のミッドレーンでの攻防でFNCが大きく有利。その後は徹底してチームで動くFNC、ブラウムの盾、ビクターのバリア、イレリアの構えと防御スキルを活かした戦いでFNCが勝利した。

Game3

バンピック
バンピック所感

なぜカイサなのかEDG。FNCは作戦に変更なし。しかし今度はヤスオ試してみたい構成だ。MSIでみたCaps選手はここでは見れるのか?

感想

度重なるミッドガンク、ロームをかわすCaps選手が印象的な序盤。11分ついにキルされてしまうCaps選手だが、ボットタワーは単身タワー折りに励むRekkles選手によりFNCが獲得。
その後、ヘラルド・ミッドタワー2本・ドラゴンとマクロではEDGが優勢なものの、残ったFNC側のサイドレーンのタワーが機能し続け、お互い攻め切れないジリジリとした時間が続いた。
試合が動いたのは26分、サイドレーンのタワーが取れてバロンを取る準備を始めるEDGだが、FNCの方はバロン周辺の視界を取るだけ取ったらドラゴンへ一直線。出遅れたEDGが戦闘を仕掛けるも、綺麗なブラウムのR、シンジャオのスキルによってRekkles選手を捕まえる事ならず(なんだこのシヴィアプロテクト構成)。集団戦での差を見せ付ける。その後バロンを獲得したあとは、キルでは負けながらもじわじわオブジェクト有利を広げていった。FNC勝利。

Game4

バンピック
バンピック所感

なぜだ、なぜカイサなんだ。なぜなんだ。ルシアンやザヤも見たかったぞ私は。

対してFNCのバンピックははシンジャオとガリオバンが気になったが、スレッシュを見た瞬間全てが吹っ飛んだ。Hylissang選手のスレッシュだと!?いや、確かにカイサとラカンならいける!

感想

序盤からガンガンキル差を付けられてもCSはRekkles選手の方が高く、金額差が広がらない。Hylissang選手/スレッシュのレリックシールドの選択にも地味に驚いた。

ドラゴン2体をFNCを獲得。17分にはファーストタワーを獲得しなぜか金額で上回るFNC。その後はCaps選手が飛び出してしまうような場面もあったものの大きな問題にはならず。最後は先にバロンに手をつけたFNCが後からやってきたEDGを捕らえ、勝利。