ウツギの日々趣味日記

ゲーム・アニメ・音楽など。趣味のことをつらつらと。

【LOL】2019年World Championship/グループステージ感想まとめ【観戦メモ】


 グループステージ感想のまとめです。

グループステージ

f:id:jemiah93:20191024170729j:plain

グループステージのピッケムの結果はごらんの通りになりました。グループ勝ち抜けがどのチームになるかはだいたい予想できていて、あと1位か2位か当てられていれば・・・!という感じ。以下、各グループの感想。

グループA(G2・GRF・C9・HKA)(G2、GRF勝ち抜け)

G2が圧倒的だと思っていたし、シーズン中の戦いが私は大好きでした。 GRF戦は楽しみでしたが、最近のあれこれもあってGRFは勝てないと思っていました。ファンゆえの認知の歪みもあったと思います。

ところが最終日、G2の雑プレイがさく裂。GRF戦ではヤスオボットやゾーイボットを使い始めます。非スタンダードなボットレーンに妙なこだわりを感じられ、ちょっとノックアウトステージが心配な展開に。

一方、GRFは最初調子が悪かったところ、最終日に調子をあげてきました。チーム対策もインターバルの間にしっかりやってきたのかもしれません。HKA戦でトップレーンがあわや大惨事というところから、ゆっくりと巻き返していったのをよく覚えています。

そのあとの試合は見事なものでした。個人的にはLehends選手が調子(というよりほかの選手との連携?)を戻していたのも嬉しいです。シェン、そしてラカンのプレイ、どちらも惚れ惚れしました。Tarzan選手のキヤナも美しいRでした。すべてがかみ合っていました。ピッケムは見事に燃えましたが、彼らの勇姿が見れただけでもう満足でした。

HKAも実力差で及ばなかったものの、3Z選手のプレイなど良いところもたくさんありました。LMS*1は来年LST*2と統合されてしまうそうですが、その後も試合を見れる機会があるなら追いかけたいですね。

C9は、最後の試合内容と同じものを通しで見たかったなというのが正直な感想でした。予想を裏切ってほしかった・・・。

グループB(FPX・SPY・JT・GAM)(FPX、SPY勝ち抜け)

ともかく、SPYがノックアウトステージに進めてよかったです。最後にFPXとのタイブレークに発展するとは思いもしませんでした。SPYが評価されるたび、飛び上がるほど嬉しかったです。

一方でFPXが初戦、盛大にこけたのはヒヤヒヤしました。でも、終盤の戦いではLPLでも見せた強さを見せてくれ、ほっとしました。

GAMは過剰評価でした。試合を見ていれば評価が変わったのかなと思います。JTも、もし良い調子で戦っていたら2位抜けは十分あり得たと思います・・・。

気になるピックいろいろ

このグループに関してはピックもやたら印象に残っています。

まずFPX/Doinb選手のマルファイト。フルタンクビルドがいけるのが驚いたんですが、あの構成なら全然ありなんでしょうか。タンク好きとしてはすごく気になるビルドでした。サイオンミッドもたぶん似たような意図のピックだったと思うのですが、感覚的に戦闘中で相手に余裕が無い時に突っ込まないとうまくRが当たらないので、マルファイトの方が集団戦時のお手軽感はある?分からん。

あとSPYでのチョガスの再登場にはテンションがあがりました。ありがとう、vizicsacsi選手。いや、あの試合に関しては、kobbe選手のザヤも最高でしたけどね・・・!

あとFPXが繰り出したヴァルス・タムケンチにもびっくりです。あれほど理不尽に凹まされてきたタムケンチがまだ出せるなんて。移動性能と庇う能力が欲しくてのピックという感じもしますが、今後出せるのでしょうか。

他にも今大会はメイジがボットレーンに顔出す場面はあれど、結局マークスマンを軸にした集団戦構成が強い・バロンやドラゴンが早い方が有利という展開になることも多く、興味深いですね。

グループC(SKT・FNC・RNG・CG)(SKT、FNC勝ち抜け)

グループステージ2日目のSKT vs RNGが熱い!決勝戦かと思わんばかりの白熱した試合でした。見てないんだよなあという人は、なにはさておきこの一戦を見てほしい!試合動画

一方、FNCは初日からユーミ・ガレン。ユーミ・ガレン。モルガナ・ブリッツ。手を隠すにしてもやりすぎだろ!というほど、頑なにマークスマンをピックしません。RNG vs FNCを楽しみにしていた身としては悲しいスタートとなりました。

しかし、最終日では正気を取り戻してくれたのか、ピックにザヤが登場します。更にはミッドベイガーも登場し、最終的にはSKTを下して2位通過となりました。ほっとしたものの、先々が不安になる展開に。

RNGについてはSKT戦の内容が良かっただけに、最終戦が悔やまれます・・・。なぜサポートルルだったのでしょう。もっと見ていたかった。

グループD(DWG・IG・TL・AHQ)(DWG、IG勝ち抜け)

ねこばばに浸食され行くトップレーン。その魔の手はミッドレーナーのShowMaker選手にまで。サモナーズリフトの明日はどっちだ。

・・・と、このグループについてはとにかくNuguri選手のねこばばやトップレーン対決が印象に残っています。敗退はしてしまったものの、TLのimpact選手のエイトロックス(動画)は印象的でした。nuguri選手は最後のIG戦でフェイズラッシュを選択していたのもちょっとびっくり。

他には、ソロレーン中心のチームと言われていたDWGで、ボットレーンがキャリーした試合も記憶に残っています。ポッピーサポートの登場、タリヤのコンビネーションも鮮烈でした。

それとグループD最終日、Ning選手が試合に復帰したのは驚きました。まだ調子が完全に戻っていないのだろうなという感じで、試合にはちぐはぐ感もあり、今後のIG戦が気になる内容でした。

関連記事や動画

この辺はまだ読もうと思って読んでいない記事が多すぎるので、今後どんどん追加されていくと思います。読んだ分だけのまとめです。

Teamfight Breakdown with Jatt|勝負を決めたSKTの集団戦

youtu.be

久々の「Breakdown」では、熾烈を極めたSKT vs RNGの集団戦が解説されていました。情報量が多すぎる!

DWG

www.invenglobal.com

14日のインタビューでは、Showmaker選手までもねこばばを使い始めた事に対する言及も。

SPY

FPX

 

 

*1:(台湾、香港、マカオ)

*2:(東南アジア)