ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/ノックアウトステージ/ 準決勝/WE vs SSG

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」準決勝「WE vs SSG」まとめです。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

★Game1 WE勝利

動画:WCS 2017 Semi Final Day2 Game1 WE vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:SSG vs WE set1 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
WE:セジュアニ、ガリオ、ルル/オリアナ、ナー
SSG:カリスタ、ジャンナ、コグマウ/ジェイス、チョガス
ピック
WE:ラカン、ザヤ、4グラガス/6シェン、カサディン
SSG:1ジャーヴァン、3トリス、タリック/5タリヤ、7ケネン


ザヤラカンだ!!!Mystic選手のザヤは好きなので楽しみだ。

対してSSGはケネントップ。作戦は上手くはまるのか?

試合内容

1分前、WEが5人でトップ側の敵ジャングルにワードを置く所から始まったこの試合。1分、ジャングル内でいきなりWE/ザヤがファーストブラッド。SSG/ジャーヴァンがザヤにキルを渡す形になってしまった。

5分ミッドガンクはSSG/Condi選手/グラガスのカバーで防ぐものの、既に辛い展開だ。
8分にはせっかくのSSGの青バフスティールがばれ、お互いの青バフトレードになってしまう。WE側はxiye選手/カサディンに青バフ入り、レーニングは更に辛い状況に。11分、ファーストタワーはWEが獲得した。

12分にはドラゴンの前でのにらみ合いが続く中、トップ側でWE/シェンがキルを取る。WE/xiye選手も寄って囲い込んだ形に。

その有利を利用して14分、スワップしてトップのファーストタワーも取りにいくWE。SSGはボットのファーストタワーを破壊し4人でセカンドタワーも狙うが一時撤退。

14分、WE/ラカンがWE/ザヤのそばを離れたのを見計らい、SSG/ケネンが飛び込むが、WE/ザヤのフェザーストームからやってきたWE/シェンのWに繋げ、更にxiye選手/カサディンまでやってきて逆に倒される形に。

17分にはxiye選手/カサディンが1v1で勝ち、勢い止まらず、20分にはヘラルドを駆使しミッドのセカンドタワー獲得した。

21分にはSSG/ジャーヴァンを落とし、22分バロン獲得。24分ザヤの華麗なるフェザーストームによる避けによってCCを繋げさせず、そのままWEが速攻で勝利を決めた。

☆Game2 SSG勝利

動画:WCS 2017 Semi Final Day2 Game2 WE vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:SSG vs WE set2 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
SSG:ルル、コグマウ、ザヤ/ラカンソラカ
WE:カリスタ、トリス、セジュアニ/カジックス、ジェイス
ピック
SSG:1ジャンナ、3ヴァルス、マルザハール/6ナー、グラガス
WE:2ジャーヴァン、ガリオ、4トゥイッチ/5タリック、ランブル

 

ザヤはさっきの戦いを見れば順当、ソラカのバンは意外だ。固いジャーヴァン・ガリオに合わせられると危険という判断だろうか。

タンクチャンプを使わせないナー先出しに当てるのはランブル。

試合内容 

2分ドラゴンに攻撃されるWE/ジャーヴァンから始まるこの試合。3分ファーストブラッドはSSG/Ambition/グラガス。ルートを把握しているかのように敵のジャングルに入り、さっきの試合でのデス分を取り返す。なんとWE/ジャーヴァンのダブルバフまではいってしまった。

そのまま欲張りなカウンタージャングルをするSSG/グラガスに、テレポートで挟み込んでキル取り返すWE。今度はダブルバフがWE/xiye選手/ガリオへ。バフのリレーみたいだ。

しかしJGに1キル入ったのは大きく、カウンタージャングルの手を緩めないSSG。9分には青バフスティール。ガリオを戦えないようにし、更にボット側でファーストタワーもSSGが獲得した。

全レーンをSSGが押し、ボットのセカンドタワーも狙われて苦しい状況のなか12分、4キルWE。集団戦では負けてはいない。そのままサイドレーンはスワップし、ADCとSUPはトップ側での対決へ。

16分にはトップレーンのブッシュに入って待ち構えるWEだが、テレポートでかけつけたSSG/マルザハールに、ジャングルから駆けつけたSSG/グラガスがRを綺麗に決めて今度はSSGが集団戦で勝利、トップタワー獲得に加え、ヘラルドもSSGが獲得した。

18分トップのセカンドタワーSSG。ミッドのファーストタワーを破壊し、更にヘラルドでミッドのセカンドタワーも削ってそのまま獲得。ボットのセカンドタワーはWEが守るものの、状況はタワー差5対0だ。勝負はバロンへ。

22分ナーがボットのセカンドタワーを破壊するのを見て仕掛けるWE。2キル獲得。但しバロンまでは繋がらず、25分SSGがノーデットで3キル。マルザハールのネザーグラスプによって綺麗にWE側のキャリーを落とし、バロンを獲得した勢いのまま、SSGが勝利した。

☆Game3 SSG勝利

動画:WCS 2017 Semi Final Day2 Game3 WE vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:SSG vs WE set3 - BEST.GG

バン&ピック内容 

バン
WE:セジュアニ、ガリオ、ルル/ナー、マルザハール
SSG:カリスタ、ジャンナ、ラカン/カサディン、ランブル
ピック
WE:1トリスターナ、3ジャーヴァン、カルマ/6チョガス、オリアナ
SSG:2グラガス、タリック、4ヴァルス/5シェン、7タリヤ

 

WEがここでカルマピックはなんだか意外だ。SSGはミッド読みでカサディンをバン。オリアナにはタリヤを当てる。

試合内容

2分青バフスティールから始まる試合。その後もラプタースティールを中心に、徹底してSSGはWE/ジャーヴァンのファームを邪魔する動きを繰り返す。ジャングルの取り合いをしながら、互いにボットレーンで仕掛けようとにらみ合う時間が続いた。

大きな戦闘もなく、16分ウォールでWEを遮断してファーストタワーを獲得したのははSSG。18分には赤バフスティールの勢いのままボットのセカンドタワーを破壊。

19分、WEはヘラルド獲得を目指すもプレッシャーで下がらざるを得ない、ヘラルド獲得無しで勝敗はバロンへ持ち越される。

23分、仕掛けるWE/ジャーヴァンだが、SSGのCCで立ち位置が浮いてしまう形に。SSGが3キル。バロン獲得のSSGはレーンを綺麗にコントロール

30分にはWEがタリックのRとヴァルスのRを落とさせるにもかかわらず、31分の集団戦でもSSGが有利。SSG/ambition選手/グラガスのバックラインからの入りで陣形を崩して1キル獲得。31分にはタリヤのウィーバーウォールで更に1キルを取り、安全にバロン獲得。そのまま36分、SSGが勝利した。

★Game4 SSG勝利 

動画:WCS 2017 Semi Final Day2 Game4 WE vs SSG - YouTube

参考になった動画:The Breakdown Episode 26 with Zirene: 戦わずして勝ったSSG(Worlds 2017準決勝) - YouTube

ビルド等の詳細:SSG vs WE set4 - BEST.GG

※参考動画はスプリットプッシュを可能にしたプレイに関する解説です。スプリットプッシュってこんなに色々考える事あるのか。

バン&ピック内容

バン
SSG:ルル、ザヤ、グラガス/シェン、マルザハール
WE:カリスタ、ジャンナ、セジュアニ/カジックス、ジェイス
ピック
SSG:1ガリオ、3ヴァルス、ラカン/6リーシン、ナー
WE:2タリック、コグマウ、4ジャーヴァン/5タリヤ、7ケネン

 

ファーストピックガリオ!マルザハールを取りたくてもトップが分からない。なんとかコグマウとジャーヴァンを確保するWEだが、トップとミッドを綺麗にバンされた上でリー・シンとナー。SSGにバンピックを操られているかのようなWEに勝機はあるのか。

試合内容

1分SSGの雑かに見えるラプタースタートから始まったこの試合。3分、ロームしにきたSSG/ラカンがまさかのファーストブラッド。いきなりミッドレーンで有利ができる。

さらに5分、SSGはトップレーンで仕掛けようとするが、WE/ケネンがダブルキルを取りチームを救う。7分さらにWE/xiye選手/タリヤのウォールでSSG/リー・シンを捕らえ1キル、WE/ジャーヴァンが前に出すぎて狙われるものの生還。8分も凄まじい寄りでチームを支えるWE/タリヤ。SSG/ナーが2デスし、トップレーンが辛い状況になってしまった。11分もボットレーンで仕掛けに行くSSGだが、ドラゴンを抑えるのはWEだ。

レーンが辛い状況、勢いに乗り13分更にボットレーンで人数をかけて仕掛けるWE。しかしWEの入りが雑か、SSGが丁寧に捌いてキルを取り返し、ボットのファーストタワーも破壊した。ミッドタワーを返しに折るWEだが、全員にアシストが入ったSSGはレーン戦が楽に。今までのWE有利が一気にひっくり返る形に。

17分にはミッドを押し、更に気付かれずヘラルドを獲得するSSG。ぎりぎりのタイミングでWE/ジャーヴァンが寄るが間に合わない。

18分にはフリーでボットのセカンドタワーを殴るSSG/ガリオ、ップレーンでSSG/ナーがWE2人のリコールを妨害し、ミッドではヘラルドによってミッドのファーストタワーを獲得。鮮やかなローテーションを繰り広げる。19分にはSSGドラゴン獲得、このマクロにクラウドドレイクは鬼に金棒だ。

勝負はバロンへ。22分、WEは前試合に続きRを使わせる動きをするが、繋がらない。

24分にはSSG/ガリオの削ってくれたボットのセカンドタワーをSSG/ナーが追撃して破壊。ボットレーンにテレポートの無いケネンが顔を出した瞬間、SSGはバロンに走り、バロン獲得はSSGになった。WEが慌ててキルを取りに行くが届かず、ガリオの1デスに留まる。
27分、SSGはトップ、ミッドのセカンドタワー破壊。丁寧に全レーンをコントロールし、最後は集団戦を制してSSGが勝利した。

SSG悲願のリベンジへ 

昨年は決勝で敗れたSKT。今年はリベンジだそうだ。今年から観戦を始めた私としてはLZを負かしたチーム、勝って欲しいのが正直なところである。

まとめているうちにいつの間にかLOLはオールスターの季節になってしまったが、決勝戦はじっくり当日のメモを見直しながらまとめようと思う。

おまけ:数字で見るWorlds 2017 Semi Final

jp.lolesports.com

準決勝での色々な数字。カリスタに続きジェイスが最多バン。個人的にはタリックのピックが多いのが驚きだった。

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)