ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【LOL】2018年World Championship/プレイインステージ4日目感想【観戦メモ】


utugishumi.hatenablog.com

 

 2018年World Championship(WCS,Worlds)/プレイインステージ1・4日目感想まとめです。

プレイイン・グループステージ4日目(10月4日)

毎日更新の疲れの中、この日の試合ではEDGの1敗、SUPvsG2のタイブレークなどいくつかの波乱の展開もあり、見るのが大変でした。G2結構好きなので、この試合内容にはハラハラ。

f:id:jemiah93:20181005135544j:plain

そして、買ってしまいましたDFMゴールドサポーター!6日の試合も全力で応援します!

関連記事

www.invenglobal.com

今回、チームを下支えするようなパフォーマンスを見せているWunder選手のインタビュー、エイトロックスvsアーゴットのマッチについても言及されていました。

www.espn.com

ノックアウトステージを突破した2位、決定した組み合わせについての記事。"Edward Gaming takes on Japan's Cinderella story, DetonatioN FocusMe"の一文が印象的です。

www.4gamer.net

t.co

t.co

動画リスト(英語実況)

WORLDS COUNTDOWNでは、DFMのプレイイン勝ち抜けについても触れられていました(3分40秒頃から)。勝ち抜けを喜ぶ日本キャスター(Day1さん、katsudionさん)の映像が流れたのには驚きました。

また、10分頃からは、プレイン・ノックアウトステージでのチーム組み合わせ、*1グループステージのどこに入って欲しい?という事も話題になっていました(動画)。

動画リスト(日本語)

この日、「韓国プロプレイヤーの想い」と題したいくつかの動画が投稿されました。上記は日本語訳の動画です。

SUP vs G2

勝:G2

ハイライト:SUP vs G2 - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

ついにきた、ジン!ごりごりしたメンバーの何にいるオリアナが気になる。対してSUPはケイトリンにモルガナ、トランドルにカシオペア!?

感想

G2はときどき噛み合わない動きをしているのが気になった。試合時間10分の少数戦、21分の集団戦は特に印象的。ただ、マクロ面ではスプリットプッシュでSUPを圧倒していた、ときどき前に出すぎて少し危ない気もしたが、杞憂だったようだ。

最後にはWunder選手/アーゴットが前線でキャリーをアグレッシブに守り、G2勝利。

INF vs EDG

勝:INF

ハイライト:INF vs EDG - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

タムケンチバンINFのザヤラカンにこだわるピックに、なんとなく昨年WCSを思い出す。なんだか懐かしい気分に。EDGはフィオラを取ってスプリット構成?フィオラは今大会上手く行くのだろうか。カイサがいる4:1体制で噛み合うのか気になる。

感想

この試合もレーン戦でごりごり攻めるEDG。ボットレーンにターゲットを絞るがINFも反撃を見せる。EDGはせっかくフィオラを取ったにもかかわらず、スプリットでINFを翻弄する場面があまり見られなかった。

25分、テレポートの無いフィオラの代わりにサイドレーンをScout選手/ガリオが押している最中、集団戦発生。出遅れている間に4v5の状況でINFが圧倒、そのままバロンを取ったINFが勝利した。

SUP vs ASC 

勝:SUP

ハイライト:SUP vs ASC - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

ジャーヴァンⅣのピックまたも!しかしKLGが4日目に出した構成とはコンセプトが違う感じ。ヴァルスを中心にした集団戦をやりたい感じだ。

対してASCはザヤ・アリスターという不思議な組み合わせ。コーキピックも気になる。

感想

序盤からバチバチやりあう両者、実力ではSUPという感じだが食らいついていくASCが熱い。あれだけ戦って、20分過ぎてもミッドタワーがお互い削れていないのが印象に残っている。

しかし23分、不利かと思われた集団戦でSUP/GBM選手/ガリオがマッシブにタウントを決め、ノーデスで集団戦で圧倒!そのまま流れに乗ったSUPが勝利した。

INF DW

勝:INF

ハイライト:INF vs DW - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

※DWのJG/Shernfire選手の出場禁止は2試合なので、この試合より復帰しています(参考リンク)。

バンピック所感

DWのリサンドラピックはとりあえず使ってみよう感がすごい。C9/LIcorice選手のインタビュー(リンク)ではアーゴットのカウンターとして使えそうとのことだったが、ここではエイトロックスを当てたうえでリサンドラをピックしている。

感想

リサンドラが電撃!?お互いのサポートが解放の魔導書だったりと、ルーン選択が気になる。

試合はミッドから壊される展開に。6分のファーストブラッド、25分の集団戦などTriple選手のパフォーマンスが悪い印象は無かったが、流石にルブランには・・・という感じだった。最後にはRenyu選手が華麗にペンタキルを決め、INFの勝利。

G2 vs ASC

勝:G2

ハイライト:G2 vs ASC - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

もはやアーゴットvsエイトロックスは両者の技量次第という感じにも思えてきた。攻めっ気の強いASCに対しG2はJankos選手のタリヤを中心に丁寧に試合を作っていく印象のピック。

感想

どんどんキルが発生する中、G2/Perkz選手がどんどんデスする。前回と同じく前に出すぎて溶かされる場面もあり、序盤はヒヤヒヤしながら観戦していた。

しかしタワー差もついてきた序盤以降は安定した戦い振りを見せる。18分にはヘラルドを出すのにもたついているASCに集団戦を仕掛け勝利。その後ボットレーン側でWunder選手を倒しにいったASCを確認してバロン獲得。G2の勝利。

EDG vs DW

勝:EDG

ハイライト:EDG vs DW - Worlds Play In Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

EDGのシェンピックは飛び込んでいく他のメンバーをフォローする為だろうか。
DWはルシアンにブラウムと今大会あまり見かけない組み合わせ。更にマルザハールとちょっと攻めっ気の低いピックが気になる。

感想

1分いきなり赤バフ付近で集団戦!EDG、Haro選手がファーストブラッド。その後お返しの如く青バフ近くのブッシュに隠れてぼこぼこにした以降は、レーン戦をごりごり攻めるEDGにDW成す術無く。EDG勝利。

タイブレーク:SUP vs G2 

勝:G2

ハイライト:SUP vs G2 - Worlds Play In Tiebreaker Match Highlights (2018) - YouTube

バンピック所感

まさかのトップアカリ!ジン!アーゴットはミッドレーンへ!対してSUPはアッシュ・ブラウムガリオと守備的なピックが並ぶ。

感想

G2が有利に進めていくが、22分Perkz選手の判断がなんか気になる。なぜ自分からあんな奥まで飛び込みに行ったのだろう。G2の勝利だったが、すごくモヤモヤする試合だった。

この日、抽選会が開催 日本の試合は6日に決定

全ての試合終了後、ノックアウトステージの組み合わせ抽選会が行われました。DFMは中国の強豪EDGとの対決に決定。マクロで隙がありそうな感じはしますが、どうなるんでしょう。

 

(2018.10.07 抜けていた部分を修正)

*1:(各グループの1位と2位が対決し、勝った方がグループステージへ進める)