ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/グループステージ/ Day2

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」グループステージ2日目の観戦メモまとめです。試合の翌日以降にまとめて掲載。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

 

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

※今回抜けが多いです。後で追加予定。

★FW vs TSM

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 FW v s TSM - YouTube

ビルド等の詳細:FW vs TSM - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
FW:コグマウ、ジャーヴァン、ザヤ/ジェイス、カサディン
TSM:カリスタ、エズリアル、ライズ/1ガリオ、ブラッドミア
ピック
FW:1セジュアニ、3ヴァルス、タリック/6コーキ、チョガス
TSM:2ルル、グラガス、4トリスターナ/5シンドラ、7ナー

 

この前からずっとエズリアルバンを見る。評価高い?

パンテオンとガリオの見せピックで沸くが、ここは普通にタンク系に強いナーを選択。

試合内容

長い試合だったが、仕掛け合いを見ているのが楽しかった。

FW/ヴァルスがレリックスタート。FW/タリックはコインスタート。おすすめアイテムにはレリックシールドが入っているタリックだが、実際レリックシールドとの使い分けはどうすれば良いのだろう。最近触り始めたチャンプなのでビルドが気になる試合に。

5分、FW/セジュアニがトップ側のジャングルで待ち構えてTSM/グラガスを叩くがTSMの寄りが早い。その後8分も敵ジャングルに入って仕掛けるFW/セジュアニ。ジャングルに執拗に圧力をかける方針のようだ。TSMはそれに対してトップ側のジャングルにワードをさしていく。TSM bjergsen選手/シンドラのコントロールワードの位置が絶妙だ。

その後もワードの刺し合い、視界の取り合いが続く。なかなかガンクできないFWはクラウドドレイク獲得を選択。12分、ボットレーン側での仕掛け、タワーを折りに行く。しかしボットとトップのタワートレードに持ち込まれ、TSMが上手く返した形に。

14分、今度はヘラルド周辺での攻防。チョガスの捕食でFWファーストブラッド。ヘラルドは一旦やめ。17分に再びヘラルド周辺での集団戦でFWが3キル獲得!そのままミッドのファーストタワー、セカンドタワーを一気に破壊する。オブジェクトが目的というより集団戦起こしたいって雰囲気のFW。釣られてしまうTSMという感じだ。

しかし19分、ポーズののち、ヘラルドはTSMが獲得。続いてTSM/Hauntzer選手が1v2で1キル獲得する。ボットタワーを獲得し、更にヘラルド使用でミッドタワーも獲得。それでもバロン獲得はFWだったが、ここからTSMに試合が傾き始めた。
26分、FW/セジュアニのRを切らせるTSM/トリスの動きが光る。なかなかトップがとれず、ミッドタワーへ。さらにボットレーンへ、次はミッドへとローテーションするFW。やっとタワー1本獲得でバロンが終わる。
再びバロン周辺の攻防。33分で今度はTSM/bjergsen選手の3スタンが光る!それを見たFWはボットインヒビタータワー破壊へ。お返しにミッドのセカンドタワーを破壊するTSM。インヒビターのフォローへ向かったHauntzer選手はその足でちゃっかりドラゴンをもらう。

34分、バロン周辺の攻防に勝ちバロンを取ったTSMはミッドのインヒビターを破壊。トップのインヒビタータワーも破壊。39分にはHauntzer選手/ナーのスタンがものすごい綺麗に決まる!エンドには届かないものの一気に勝利へと近づいた。
40分、エルダードレイクでの攻防。FWは度重なるリセットの末撤退、TSMがエルダードレイクを獲得。しかしボット周辺の攻防でなんとかこらえるFWはバロン獲得。どちらが勝つか分からない展開が続く。
52分、バロンはTSM。Maple選手のバックドアでFWがインヒビターを獲得するも、TSMはそのまま集団戦で勝利し、TSMが勝利した。試合後にTSM/Doublelift選手がぴょんぴょん跳ねててほっこり。

WE vs MSF

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 WE vs MSF - YouTube

ビルド等の詳細:MSF vs WE - BEST.GG

MSFは、今年の春からできた新しいチームだそうだ。ヘッドコーチがWCS進出を公言していた。有言実行か!カッコイイな!

バン&ピック内容

バン
WE:オリアナ、ブリッツ、ナー/シンドラ、ガリオ
MSF:2カリスタ、ラカン4コグマウ/カシオペア、ルシアン
ピック
WE:1ジャーヴァンⅣ、3ザヤ、ジャンナ/6マオカイ、ルブラン
MSF:2トリスターナ、ルル、4セジュアニ/5コーキ、7チョガス

 

コグマウはWE/Mystic選手の得意チャンプゆえのバン。
ガリオピック来るかなと思ったら両者とらず。どっちかというとサポを取りたいというピック。ガリオは後にバンされた。xiye選手のルブランを残したのはしょうがない気もするがちょっと勿体無い。
ヨードルだらけの面子にアムムの見せピック。チョガスピックで私はちょっとなごむ。

試合内容

MSF/ルルがイグナイト持ち。レーン戦で勝ち続けるつもりだろうか。それにしてはセジュアニが噛み合っていないような気もする。
11分でようやくジャングルに入るWE/ジャーヴァン。ミッドの攻防でもxiye選手/ルブランが華麗な避けでレーンを維持する。
じりじりとした攻防が続くなか、15分ボットでキル発生。ファーストタワーはWE/ザヤ、撤退時のフラッシュも華麗だ。ヘラルドも獲得し一気に勢い付いた。18分にはボットタワー2本獲得。23分、バロン周辺の攻防でジャーヴァンの飛び込みからWE/xiye選手のトリプルキルで人数差をつくり、そのままバロンを獲得。WE勝利。

☆FNC vs IMT

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 IMT vs FNC - YouTube

ビルド等の詳細:IMT vs FNC - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
IMT:ガリオ、トリス、ザヤ/エリス、マオカイ
FNC:カリスタ、ジャーヴァン、セジュアニ/レネクトン、シンドラ
ピック
IMT:1グラガス、3コグマウ、ジャンナ/6ジェイス、タリヤ
FNC:2ルル、ライズ4トゥイッチ/5チョガス、7リーシン

 

ガリオ、トリス、ザヤバン。ボットレーンのピックをコントロールするようなバンから始めるIMT。ルルピックを見るとコグマウ、ジャンナをピック。

レネクトンバンは意外だったが、IMT/Flame選手を警戒してのバンらしい。
そしてまさかのジェイスTOP。いや、LZを警戒しているなら取り上げのために練習しているチームが多いのかも・・・?

試合内容

今日試合長い・・・。当日はプレイインステージの観戦メモもまとまらない中、ゲッソリしながら見る私。
IMT/グラガスがいきなりカウンタージャングルから始める。赤バフ→ラプターという凄まじい荒らし。当然敵側の赤バフを取らなきゃいけないFNC/リーシン。きっつ。
しかし3分、ボットタワーにテレポートで4人集結、ファーストブラッドはFNC/rekkles選手。そのお返しにトップレーンに集結して1キルはIMT。4分にはBroxah選手の助けを借りてrekkles選手が2キル目獲得。また切り返すIMTが1キル獲得。

しかしボットレーンは大幅に削れ、11分ファーストタワー獲得はFNCになった。その後の11分集団戦はノーデットだが、IMT Flame選手/ジェイスのテレポート消費で更に有利になる。しかし私はTOPのCS差が気になって仕方ない。ジェイスってこのまま放置して平気なの?
15分にはトップとボットのタワートレード、16分、またFNC/rekkles選手に1キル入り、強引にミッドタワーも獲得。FNCが仕掛け、IMTが返すという展開が続く。19分には出しどころに困ったヘラルドがFNCベースから出撃、ミッドのセカンドタワーも破壊した。
ところがバロン周辺の戦いで流れが変わり始める。23分、バロン獲得はIMT。IMT/ジェイスがIMT/リーシンをも下し、大きく有利を取った。ミッド、ボットのセカンドタワーを折り、更に29分にはFNC/チョガスが溶ける。やっぱりジェイスが大変な事になってる。

負けじと29分にはrekkles選手が5キル目!そのままトップのインヒビタータワーを破壊。32分には集団戦で勝利。しかし34分、FNC/チョガスがコグマウの生体空撃砲でダウンし、バロン獲得はまたもIMTになった。2インヒビターを取られ、望みを託すはエルダードラゴンとバロンへ。

40分、FNC/Broxah選手によるエルダースティール!更にライズのポータルを駆使して
43分、FNCがバロンを獲得する!インヒビターも復活し、後は有利を作るだけに。トップインヒビターを破壊し、大きく有利を作ったかと思われた。
しかし49分、前に出すぎたFNC/rekkles選手がデス!ミッドレーンからネクサスを目指すIMTに対してFNCはバックドアを仕掛けるが、ADC差が祟り、IMTが勝利した。酷い終わり方だった・・・。

LZ vs GAM

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 LZ vs GAM - YouTube

ビルド等の詳細:LZ vs GAM - BEST.GG

今日一番の楽しみな試合。見たことのない戦術を今日は見せてくれるのか!?

バン&ピック内容

バン
LZ:ガリオ、ルル、ジャンナ/マオカイ、カシオペア
GAM:カリスタ、タリヤ、ジェイス/シンドラ、セジュアニ
ピック
LZ:1ザヤ、3ジャーヴァン、ラカン/6ライズ、グラガス
GAM2カルマ、チョガス、4トリス/5ルシアン、7モルデカイザー

 

ガリオ、ルルは当然潰す。昨日のスワップ作戦を見たこともあるだろう。ジェイスはさっさとバン。残念なような嬉しいような複雑な気分。問題はこのあとだ。

ザヤラカンに加えてジャーヴァンを渡してしまうGAM。これはどうなんだ?序盤から仕掛けていくなら取られるのは痛手なのでは?混乱する中降臨するモルデカイザー

試合内容

今回はGAMに対する解答みたいな試合展開だった。LZの対処がパズルを解いていくように鮮やかで、見ていて面白かった。
フラッシュの有無が確認される時点でもうおかしいGAM。今度は2ミッドを仕掛けにいく気だと解説が話し、私は震える。いやでも待って、レーン戦の強いザヤラカンにトリスって一歩間違えたらアカンのでは?

対してLZはスワップが無いか確認しに5人でボット側のジャングル奥深くに入っていきワード。これがスワップ戦法への対処法らしい。良く知らない私はメモを取りながら見いる。
あとは昨日と似たような動きだ。今度はジャングルとトップではなく、GAM/カルマとGAM/モルデカイザーがジャングルを狩ってボットレーンに。しかしワンパターンは流石に見抜かれる。ミッドへのガンクはさらりと避けられ、3分にはLZが集結してボットタワーが折れる。
更にトップレーンでもLevi選手/チョガスがkhan選手/ジャーヴァンをガンクしにいくが、流石のLZ/khan選手は綺麗に捌いてみせ、早速作戦はこけた。更に5分、MIDにADC同士で配置するとザヤは有利、気付けばかえってGAMがきつい展開に持ち込まれている。もう勝負は決まったも同然だ。
その後は確実に人数差を作りLZが順調にキルを稼いでいった。ラカンがモビリティブーツを履いてどんどんジャングルに入っていく恐ろしい状況に。当然モルデカイザーにはドラゴンを渡さず、11分、なんとかGAMヘラルド獲得するも何もできない。17分にもなると、殺る気満々のkhan選手/ジャーヴァンのビルドがおかしいことになっていた。LZ勝利。GAMナイストライ!

★AHQ vs C9

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 AHQ vs C9 - YouTube

ビルド等の詳細:AHQ vs C9 - BEST.GG

AHQのインタビューはChawy選手。EDG倒して期待高まったぞ!頑張れ!

バン&ピック内容

バン
AHQ:ガリオ、ラカン、スレッシュ/シンドラ、チョガス
C9:カリスタ、ジェイス、セジュアニ/カジックスマルザハール!?
ピック
AHQ:1ジャーヴァン、3ルル、コグマウ/6カシオペア、マオカイ
C9:2ジャンナ、ザヤ、4エズリアル/5ライズ、7ノーチラス

 

いつものジャーヴァンピックからボット組の確保。さらにエズリアルジャングル。カジックスはエズリアルのカウンターになりうるとのことでのバン。マルザハールバンは意外だったが、5日にFNCがライズのカウンターとしてピックしていた。警戒してのバンだったのかもしれない(FNC vs IMT  - BEST.GG)。
そして、昨日SKT相手にも出したノーチラスをここでもピックするC9。今度は上手く行くか?

試合内容

3分、レベル3でボットにちょっかいを出しに行くエズリアル。ここに来てC9/エズリアルの動きに安定感が出てきた。
7分には赤バフスティールかと思いきやミッドガンク。そしてまた赤バフへ。狙われるエズリアルだが、仲間が寄ってきて助かる。8分、C9/ノーチラスのテレポートでキル獲得はC9。ノーチラスピックが早速生きた形だ。
11分にはドラゴン中、ライズのポータル移動から攻撃していく。C9/jensen選手は落ちるもエズリアルの奮闘で2-1のトレード。13分、しっかりドラゴンも抑え、ボットタワーを破壊してC9は流れを作り始めた。
15分、ライズがポータルを使ってガンクをするようにボットへ行く。上手く逃げるAHQ/マオカイだったが上手く囲まれデス。C9は石化の魔眼も上手くかわし2キル獲得した。ミッドタワーも破壊し、いつの間にかヘラルドも獲得。一気に勢い付いた。
19分には赤バフ周辺の集団戦で、前に出すぎたC9/ノーチラスが囲まれて溶かされてドラゴンを取られるも、ヘラルド使用でトップのファーストタワーも獲得。
21分にはバロン周辺の攻防、ポータル移動で突然仕掛け、一気に人数差を作った。マオカイのRで一度はバロンから撤退するものの、24分には上手くひきつけて安全にバロン獲得。30分にライズのポータルでノーチラスを前線に降臨させて集団戦に勝利し、C9が勝利した。

★EDG vs SKT

動画:WCS 2017 Group Stage Day2 EDG vs SKT - YouTube

ビルド等の詳細:EDG vs SKT - BEST.GG

観戦につき参考になった動画:The Breakdown Episode 23: SKTがEDG相手にみせた大逆転劇(Worlds 2017 Week 1) - YouTube

ベスト4まではいけない強豪EDG。どうなる。

バン&ピック内容

バン
EDG:ガリオ、ライズ、グラガス/ルブラン、カシオペア
SKT:カリスタ、セジュアニ、シェン/レネクトン、トランドル
ピック
EDG:1ザヤ、3レクサイ、ジャンナ/6ナー、ルシアン
SKT:2ラカンジャーヴァン、4トゥイッチ/5チョガス、オリアナ

 

ジャーヴァンをバンしないのが気になる。そしてザヤを取る。

試合内容

(※後でもう少し短くまとめる予定)

ルシアンでfakerにダメージあたえていくEDG/Scout選手、1キル獲得。Clearlove選手がミッドガンク。
5分ミッドのコントロールを取る。
11分にボットファーストタワー。EDG。そのままミッドを狙うがfaker選手のフラッシュを落としただけでいなしていく。
13分、もう一度MIDへアタックをかけるEDG、3キル。ミッドのセカンドまで繋げた!14分ついでにHuni選手を人数差を作って潰していく。
15分にはゴールド差が5000にも及ぶ。しかしこれでもSKTはまだ勝てるらしい。
16分にはヘラルドを取り、トップのファーストタワーも破壊。MIDも良い感じに押し込めている。が、ヘラルドを使わないEDG。ちょっともったいないのではと解説。19分の青バフはFakerに渡らなかったものの、怖い時間がやってきた。
21分、SKT peanut選手/ジャーヴァンの飛込みから始まる長い集団戦。EDG Scout選手/ルシアンが狙われたものの、ライフスティールでもりもり回復したルシアンが追いかけ、EDG Mouse選手/ランブルも合流して3キル獲得はEDG。ブリンク先を読んだ美しいEDG/ランブルのイコライザーあの状態から生還してキルに繋げてしまうEDG/Scout選手がすごい。バロン獲得へ。流れに乗り、ドラゴン、ミッドのインヒビター破壊へと繋げる。
バロンバフが終わってからも果敢に攻め、トップのセカンドタワー、ボットのセカンドタワーも破壊。
しかしそんな有利な状況からも、29分SKTのラカンの飛び込みから集団戦で一気に勝ってしまう。ミッドタワー2本+バロン獲得。差が縮まる。こんなに有利なのにまだ勝てないのかよ・・・。
34分ボットレーンの攻防でEDGが4キル!!対して36分、4キル返すSKT。そのままエルダードレイク獲得し、トップインヒビター、ミッドインヒビタータワーを破壊しSKTが勝利した。強すぎる。

グループステージ2日目終了

 思いのほか見ごたえのある試合が多い。2日目も楽しく観戦した。3日目はどうなる。

 

 

(2017.10.15 AHQ vs C9追加)

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)

 

 

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)

  • provided courtesy of iTunes