ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/グループステージ/ Day1

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」グループステージ1日目の観戦メモまとめです。試合の翌日以降にまとめて掲載。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

 

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

※今回抜けが多いです。後で追加予定。

RNG vs FB

動画:WCS 2017 Group Stage Day1 RNG vs FB - YouTube

ビルド等の詳細:RNG vs FB2 - BEST.GG

※動画はオープニングセレモニーから。試合の実況解説は17分40秒頃から開始。

バン&ピック内容

バン
RNG:グラガス、ザヤ、アリスター/タリヤ、ルシアン
FB:カリスタ、ジャーヴァン、セジュアニ/シェン、ガリ
ピック
RNG:1レクサイ、3ジャンナ、コグマウ/6チョガス、ライズ
FB:2ルル、ニダリー、4トリス/5マオカイ、7シンドラ


レクサイ最初は面白いファーストピックだ。ガンクする気満々。対してFBはニダリーを早めに抑えてJGのコントロールを狙う。
このガリオバンはちょっとよく分からなかった。シンドラバンで出しても良かったんじゃないだろうか。

試合内容

いきなりレベル1ファイトからスタート。ファーストブラッドはニダリー。ガンクに行くはずのRNG/レクサイの動きが早速封じられる。RNG/レクサイも負けじとカウンタージャングル。ラプターを食べに行く動きでニダリーを妨害。

ジャングル内の戦いが続くなか、なかなか試合が動かなかったが、11分、やっとRNG/レクサイがミッドガンク成功をさせ、テンポを作り始めた。
17分にはRNGが集団戦で勝利し、ボットタワーを破壊。19分にはちょっと面白いヘラルドの使い方をしつつ、裏側からミッドタワーも攻撃していく。29分には、バロンに行くふりをしてFrozen選手を狙い、そのままトップのインヒビターを破壊する。RNG勝利。

☆G2 vs SSG

動画:WCS 2017Group Stage Day1 G2 vs SSG - YouTube

ビルド等の詳細:G2 vs SSG - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
G2:ジャーヴァン、ジャンナ、ルル/ライズ、シンドラ
SSG:ラカン、セジュアニ、カリスタ/ルブラン、カサディン
ピック
G2:1ザヤ、3アイバーン?アリスター/6コーキ、シェン
SSG:2グラガス、ヴァルス、4タリック/5チョガス、7タリヤ

 

いきなりすごいサポートバン。アリスターピックの変わりにアイバーンピック。アーデント差をカバーする感じか。

試合内容

少し前までは見かける機会もあったアイバーン。そもそもなぜプロシーンで使われなくなったのか・・・そんな解説から始まったこの試合。SSGがダブルレリックスタートで私は震える。
4分トップガンク、5分のリトライでトップガンク成功。もたもたしながらも有利を築こうとするG2だが、そのうちにSSG/グラガスがファーム先を奪っていく。10分にはSSGがドラゴンを獲得した。

その後も人数をかけてG2側が幾度と無く仕掛けるものの、大きくは有利を築けず。18分にはSSG4キルをあっさり取り返し、試合がSSGに傾いた。24分、バロン周辺の集団戦でタリックのRを基点にSSG勝利。バロンを獲得し、27分にはSSGが勝利した。

LZ vs IMT

動画:WCS 2017 Group Stage Day1 LZ vs IMT - YouTube

ビルド等の詳細:LZ vs IMT (롤드컵 2017) - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
LZ:コグマウ、ジャンナ、ザヤ/レネクトン、シェン
IMT:カリスタ、セジュアニ、ルル/1ジェイスラカン
ピック
LZ:1ジャーヴァンⅣ、3トリス、タリヤ/6カジックス、カルマ
IMT:2エズリアル、ヴァルス、4ライズ/5モルガナ、7マオカイ


LZのJGはボットレーンをあまりサポートしない傾向がある。IMTはそこを突くと良いのではという解説の話から始まったこのマッチ。私としてはジェイスが見れるかどうかが気になる。

最初は取り上げも兼ねてジャーヴァンピックか。対してIMTはエズリアル。序盤からガツガツいく気満々だ。カルマピックはわりと普通だが、見せピックでソラカがあったのが気になった。

試合内容

3分、IMT/エズリアルがボットレーンへガンク。序盤からガツガツ行く気だ。カジックスの圧力を受けながら機会を狙い、8分にはIMT1キル獲得するも、ライズのポータル逃げの後、長居しすぎて1キル返されドラゴンも奪われる。11分、キルを取るがIMT/モルガナのキルになったりと、もったいない場面が続く。
12分、今度は2キルを取るIMT。そのままボットタワー獲得。ここまではIMT優勢だ。しかし15分、LZがトップタワーを返し、そのまま集団戦で勝利。ジャーヴァンとタリヤが来るのが早い!IMTがスワップした途端にLZがテンポをとり始めた。
ドラゴンとられるも17分、LZ Bdd選手のソロキル。19分にはIMTがヘラルド獲得しトップタワー1本目獲得へ行くも、なんだか動きが鈍い。
一方LZは有利を広げられなければ勝てる。じっくり時を待ちながら味方を育てている感じだ。
24分、キルを取られてもドラゴンに向かっているIMTを見てバロン獲得に走るLZ。ここから一気にLZのターンへ突入した。
26分、LZ PraY選手/トリスの飛び込みにタリヤが合わせる。カメラ外でも敵を撃ち倒しLZ/Bddを助けて流れを作った。ミッドのインヒビターを獲得しもう止まらない。LZ勝利。

★FNC vs GAM

動画:WCS 2017 Group Stage Day1 FNC vs GAM - YouTube

ビルド等の詳細:GAM vs FNC - BEST.GG

観戦につき参考になった記事:GAM対FNC アナリストの感想 – ShotCalling

※ShotCallingは、主にLeague of Legendsに関する英語圏の情報を翻訳して掲載しているサイトです。WCS中も色々な翻訳記事を出していてオススメです。

GAMはRiftRivals以降の情報がほとんどなく、どうなっているのか気になる。でも勝っても負けても何かしらやらかしてくれるGAM。FNCがそれをどういなしていくかもとても気になる試合だ。

バン&ピック内容

バン
FNC:エズリアル、ジャーヴァン、ザヤ/シンドラ、タリヤ
GAM:カリスタ、セジュアニジャンナ/グラガス、レクサイ
ピック
FNC:1ヴァルス、3カルマ、ライズ/6エリス、マオカイ
GAM:2ガリオ、ルル、4トリス/ノクターン7カサディン

 

サポートにサブのNevan選手がはいる。しかし彼のロールはトップ。もうなんかわくわくしてきた。

ファーストピックはヴァルス。どういう意図があるのか気になる。一方GAMはJGを決め撃ちでバンしていく。あれ?セジュアニ無し?レクサイ駄目?グラガスも?と思ったらノクターンピックである。
そしてルル、ピックは普通だがスペルがおかしい。フラッシュがない。イグナイトとヒールってなんだよ!!こいつら一体何をやり出す気なんだ!!

試合内容

終始笑いっぱなしのゲームだった。

良く見た光景、FNCの位置を確認するなりいきなりスワップから始めるGAM。いや良く見る時点で既におかしい。ボットに向かうはGAM/ノクターンGAM/ガリオ、しかしガリオがなぜかずーっとリーシュしている。カエルまで丁寧にリーシュをするとレベル1のまま悠々とボットレーンに顔を出し、3分ボットレーンに集結するFNCを足止め。その間GAMボット組はぬくぬくとトップ側でファーム。・・・こんなガリオの使い方見たこと無い。4分GAMボット組が1キル獲得し、もうFNCのトップタワーがやばいことに。

さらには5分でレベル6になってるGAM - Levi選手/ノクターンが1v3の状況でダブルキルを獲得し、気付けばウォーリアエンチャントまで装着完了していた。
6分、ミッドレーンで更に1キル獲得する。完全にキルゲームに。その後も「レーン戦?なにそれ美味しいの?」みたいな戦いが続く。FNCもなんとか捌いていくが追いつけない。ミッドレーンの1本目はGAM獲得。もうぐちゃぐちゃだ。振り回されている互いのTOPはCSが異様に少ない事態に。
12分、またボット組はFNC/sOAZ選手を下して1キル獲得。フラッシュもないのにガンガンイグナイトを生かしていく。勢いに乗ってGAMボットレーン2本目を獲得し、14分にはもうタワーを4本獲得!
15分囲まれてノクターンデスするも、一向に止まる気配のないGAM。16分にはミッドタワーの2本目獲得。さらに集団戦で一気にsOAZ選手がダウン。もうトリスターナの装備がやばい。こんなにやってるのに視界までちゃっかり取りながらGAMは仕掛けていく。どうやって意思疎通を行っているのか物凄く気になる。
19分には、素早い寄りで人数差を作っていたはずのFNCが何故か後から集まってきたGAMに溶かされる。Noway選手/トリスのダメージがすごい!インヒビタータワーまで獲得!
22分バロン獲得。23分には装備がん積みのGAM/Noway選手がタンクも何も関係ねえと言わんばかりFNCのメンバーを次々溶かしていき、終始GAMのペースで勝利。

SKT vs C9

動画:WCS 2017 Group Stage Day1 SKT vs C9 - YouTube

ビルド等の詳細:SKT vs C9 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
SKT:ガリオ、ラカン、スレッシュ/エズリアル、チョガス
C9:カリスタ、セジュアニ、ザヤ/オリアナ、シンドラ
ピック
SKT:1ジャーヴァンⅣ、3ジャンナ、コグマウ/6カシオペア、マオカイ
C9:2ルル、トリス、4ライズ/5レクサイ、ノーチラス

 

ルルのピック先が多いのはなぜ?レーンで強いからか。

そしてノーチラスピック。トップノーチラスだ。

試合内容

一方的な試合展開に。ミッドを中心に有利を築いていこうとするものの、15分でファーストタワー獲得はSKT。Huni選手をTOP/JGでなんとか落とすものの、敵ジャングルに入ったC9 Contractz選手/レクサイが囲まれて倒されてしまう。17分にはミッドレーナー同士のレベルの高い戦いが見れたものの、22分にはSKTが3キルとバロンを獲得。26分、SKT勝利。

★EDG vs AHQ

動画:WCS 2017 Group Stage Day1 EDG vs AHQ - YouTube

ビルド等の詳細:EDG vs AHQ - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
EDG:ジェイス、ガリオ、ザヤ/ナー、ライズ
AHQ:カリスタ、ラカン、ジャーヴァン/タリヤ、シンドラ
ピック

EDG:1セジュアニ、3ルル、コグマウ/6シェン、ルシアン
AHQ:2ジャンナ、グラガス、4トゥイッチ、/5チョガス、7コーキ

 

AHQのMIDレーナーの変更。Chawy選手out→Westdoor選手in。チャンピオンプールはには問題を抱えているがチームの調子が良くなるらしい。MID同士の対決はいかに。

試合内容

ルシアンvsコーキの辛いマッチング。5分、AHQ/Westdoor選手/コーキが初手に選んだのはなんとブランブルベストだ。パワースパイクを遅らせてでも対ルシアンを持ちこたえる気のWestdoor選手。

一方ボットレーンは早速きつそうな状況だが、タワー際で上手くかわしきってAHQがファーストブラッド。トップ側もAHQが有利を取り、じわじわとレイトゲームに向けて準備を進めていく。14分AHQがドラゴン獲得。その後、特に大きな動きもないまま18分まで続いた。

しかし18分、ついにEDG/ルシアンがミッドレーンでソロキル。ブランブルベストで持ちこたえていたコーキがついに落ちる。更にボットレーンでもEDG側が押し込みファーストタワーはEDG。試合が動き始めた。
このまま勢いに乗るEDGかと思われたが、21分の集団戦で後ろからやってきたAHQ/An選手/トゥイッチが4キル獲得!かえって流れを掴んだのはAHQに。23分にはクラウドドレイク2体目を獲得し更に勢い付く。それに対してEDGはミッドのファーストタワーを壊す動きへ。勝負はバロン周辺の攻防へ持ち越された。
長い長いレーンコントロールの取り合いの後、35分のAHQの仕掛けでバロン獲得はAHQ。しかし38分、集団戦でEDG勝ち、エルダーも獲得。その後もAHQが仕掛け、EDGが仕掛けというシーソーゲームような展開が続いたのち、52分の集団戦に勝利してバロンを獲得したAHQが勝利した。

グループステージ一日目終了

グループステージ一日目終了。スワップ戦法が見れたり全然知らないチームが勝ったりと面白かった。

 

 (2017.10.12 19:00 G2 vs SSGの試合内容を追記)

(2017.10.17 リンクミスの修正、EDG vs AHQ追加)

(2017.10.28 グループステージの全実況へのリンク追加)

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)