ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

【備忘録】League of Legends国際大会「2017 Wolrd Championship」観戦メモ/プレイインステージ/Day4

 

utugishumi.hatenablog.com

 

備忘録として作ったLeague of Legendsの国際大会「2017 Wolrd Championship」プレイインステージ4日目の観戦メモまとめです。試合の翌日以降にまとめて掲載。私自身はAI戦やPvEモードをやってるライトなプレイヤーなので、拙いところがあるのはご了承を。

 

基本情報

※勝ったチームの方を赤字で表記 

※特に面白いと思った試合は★で表示

開始前のミニ番組

www.pscp.tv

今日もRampage戦があるという事で放送直前のミニ番組がやっていた。ゲストは7h raizin選手。

主な話題は、raizin選手にとってのWorld2017とは?Rampageってどんなチーム?その攻め方とは。LJL2017 summer splitのセミファイナルはどうだった?Evi選手はどんな選手?Evi選手に対する時に気をつける事とは。「リコールを甘えない」について。ダメージトレードの上手さ。今日のRampage戦はぶっちゃけどう?Rampageが勝つためのポイント。などなど。

☆14:00 - HKA vs RPG

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match1 HKA vs RPG - YouTube

ビルド等の詳細:HKA vs RPG - BEST.GG

試合前のゲストはUSG Haretti選手。あれ、緊張してる?

バン&ピック内容

バン
HKA:タリヤ、チョガス、アリスター/コーキ、ルブラン
RPG:カリスタ、ラカン、セジュアニ/シェン、ルル
ピック
HKA:1ジャーヴァン、3シンドラヴァルス/6ガリ、ジャンナ
RPG2レクサイトリス、4ブラウム/5ルシアン、7ランブル

早めの構成HKA。対してRPGは相変わらずトリスを軸にした遅めの構成。他のパターンも見たい。

シンドラがヤバイのは分かりきっているのにバンしない。ジャンナよりルルを優先する、色々気になるがルシアンMIDが一番気になる。これ、打撃ばっかでは・・・?

せっかくトップ、ミッドが残った形なのにガリオを取り上げないのか。そしてやっぱりHKAが取る。こ、この流れ昨日も見たぞ・・・。Evi選手がランブルで負担を負う形になったように私には見えてしまった。これ、またもピック負けなのでは・・・?

試合内容

HKAのADCがカルスタートで慄く。tussle選手/レクサイはトップサイドからボットレーンへ。相手ジャングルのラプターに行くまでの動きは昨日も見た気がする。しかしガンクに積極的に来ない。なぜ?TOP側フォローせんの?フラッシュ落ちたよ?TOP絶対ヤバイよ?

・・・案の定10分、TOPレーンでキル発生。そこから一気に崩れていった。相手が上手っていうよりも何もせずにやられた形だ。なんでtussle選手はトップレーンにすぐ行けなかったんだろう。私には分からない理由が?色々もやもやを抱えたまま、HKAの勝利。RPGは敗退へ。

15:00 - KLGvs YG

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match2 KLG vs YG - YouTube

ビルド等の詳細:KLG vs YG2 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
KLG:レクサイ、シンドラ、エリス/グラガス、ニダリー
YG:スレッシュ、カリスタ、セジュアニ/ルル、ジャンナ
ピック
KLG:1ジャーヴァン、3コグマウ、ガリ/6アリスターカルマ
YG:2ザヤ、ラカン、4チョガス/5リーシン、7コーキ

YGのTOP交代。Ren選手OUT→ NhocTy選手IN。
ファーストピックを見たYGはザヤ、ラカンをピック。今大会でのMIDはシンドラが軸になっている気がする。ここでもバンだ。カルマはアリスターピックから。アーデントセンサーの不利分を取り返すつもりらしい。そしてリー・シン。これはポケットピック。

試合内容

アリスター取ると皆カウベルやり始めるのは一体なんなんだ(笑)。

昨日の失敗を取り戻すかのようにYGは序盤からガツガツ攻める。特にYG - Venus選手/リー・シンがカッコイイ。積極的に相手のジャングルに入り、相手JGに圧力をかける。無闇に入っていくだけでなく、ワーディングも上手いらしい。(ワーディングは良く分かってないのでもう一度見ておく。)

9分、ラカンが上手く合わせてKLGのJGを撃破、YG/MIDにキルが入り、さらに10分頃にはドラゴン獲得。この一連の動きが本当に鮮やかだ。YG全体がCSで圧倒的有利になり、これは更にグイグイいけるぞ!と私はテンションが上がる。

12分には互いのJGの位置が分かり、ミッド~ボッドのジャングル内でにらみ合いが続く中、YG/チョガスがトップ側の相手ジャングルの奥に入りワーディング!選手交代で登場したNhocTy選手だ!YG/コーキもJGの動きに合わせて動く。思い切ったJGのプレイを作るのはJGだけじゃない。これが、ジャングル内での戦い・・・!

更に18分、ボットレーンで起こる集団戦、KLG優勢かと思われたがYGが勝つ!チョガスの捕食で1キル獲得の上、トップ側にいたYG/リー・シンがヘラルドまで!21分にはそのヘラルドをしっかり活用し、TOPのインヒビタータワーに圧力をかけるYG。戻るしかないKLG。

その後も23分の鮮やかなザヤの動き、チョガスを囮にしたミッドタワーへの圧力などなど、最後まで翻弄したYG、30分見事勝利!これ、もしかしてRround2いけるのでは・・・?

☆16:00 - FB vs RPG

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match3 FB vs RPG - YouTube

映像が乱れているのでこちらも、高画質です:FB vs. RPG | Play-In Day 4 | 2017 World Championship | 1907 Fenerbahçe Espor vs. Rampage - YouTube

ビルド等の詳細:FB2 vs RPG - BEST.GG

※映像に乱れがあるので注意。ちなみに英語の方もちょっと乱れがあります。

敗退決定、爪痕を残したいRPG。試合前のゲストは7h raizin選手。率直な感想、そして具体的な指摘。

MIDルシアンとバンピックについて。昨日のピックについて、オリアナじゃなくてガリオでも良かったじゃないかというコメントに激しく頷く。
また、私も違和感を覚えていたtussle選手について。相手のジャングルに行く動きが少なかった。序盤強いジャーヴァンあたりが良かったのではないか。TOP同士の1v1で勝つだけでなく、JGのプレッシャーがないとレーンから離れられない。TOP/Evi選手のテレポート使いの癖について。

バン&ピック内容

バン
FB:ガリオ、ラカン、セジュアニ/オリアナ、ルシアン
RPG:カリスタ、タリヤ、チョガス/アリスター、ランブル
ピック
FB:1ジャーヴァンⅣ、3トリスターナ、カルマ/6グラガス、カシオペア
RPG2コグマウ、ルル、4シェン/5シンドラ7リー・シン

 

やっと違うADCがきた、コグマウ。返しにFBはトリスターナ、そしてカルマ。MIDかSUPか切り替えられるピックだ。個人的に強いイメージがそこまでないのだが、ここ一ヶ月worlds以外の試合でもたまにピックされてるところを見た。2箇所いけるチャンピオンはピックで使い勝手が良い。

シェンはADCを守る判断だろうけど、ここんとこずっとEvi選手に負担がいくピックばっかなのが気になる。シンドラの取り上げはナイス!そして望みをかけるはtussle選手のリー・シン。不調そうだけど、得意チャンプだし動けるか?

試合内容

スペルシーフエッジ!雷帝!そしてイグナイト!カルマが気になって仕方ない。どうなのスペルシーフエッジ?ミッドレーンを軸に作っていく感じはHKAとは真逆だ。

しかし8分、RPG/Ramune選手の綺麗な避け、RPG/tussle選手によるMIDガンクで2キル獲得。9分、ファーストタワーとってセカンドタワーへ!2/2のタワートレードだ!

だが、そこから流れが作れない。14分、HKAにヘラルドスティールされ*1、さらにRPG/シェンがデス(そしてヘラルドを取らないFB...)

ミッドが抑えられ、気付けば流れはFBへ。23分ドラゴン取られ、ブッシュにいるのもばれてる。行動が筒抜けだ。24分、バロン周辺の攻防にまけ、ミッド2本目を折られる。30分にはインファーナルドレイク3つ目をFBが獲得・・・。もうバロンで勝つしかない。

しかしバロン周囲の攻防、tussle選手/リー・シンがトップ側からFB/ADCに仕掛けて倒しTOPタワーを破壊するも、32分にはグラガスを深追い。バロンをやるかどうかでチームがバラバラに。そのままFBの勝利となった。

★17:00 - KLG vs FNC

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match4 KLG vs FNC - YouTube

ビルド等の詳細:KLG vs FNC - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
KLG:シンドララカン、エリス/オレリオン・ソル、ライズ
FNC:セジュアニ、ジャーヴァン、カリスタ/タリヤ、チョガス
ピック
KLG:1ザヤ、3グラガス、ルル/6シェン、ガリ
FNC:2レクサイ、ジャンナ、4トリスターナ/5オリアナ、7マオカイ

 

rekkles選手の熱いBo5推しコメントから始まる。Round2が楽しみだ。

やっぱりシンドラバンなのか。

ザヤはKLGがファーストピック。お返しとばかりにジャンナ。その返しにルル、そしてザヤが出てくると当然のように出てくるトリス。グラガスとレクサイも共にジャングル、両チームともボットレーンとその周辺のコントロールを考えたようなピックだ。

試合内容

レリックシールドじゃないかトリス!相棒がジャンナなのでアーデントセンサーの完成を早める方針のようだ。

FNC- Broxah選手/レク=サイがボットガンク。4分ガリオがmidからとんでくるがrekkles選手/トリスは上手く逃げ切る。Broxah選手のカバーがrekkles選手を助ける。すいすい移動できるレク=サイ、ピックが効いている。そしてFNC/Caps選手の強気なプレイは今日も健在だ。JGをフォローするように動きAAをぶち込む。

6分、1v2でレクサイ狙われるも逃げ切る。10分ごろ、今度はFNC/TOPが1v2をWで逃れる。なんだなんださっきから、今日は避けで魅せてくれるのか。
12分、ヘラルド周辺の攻防。KLG側が1キル獲得するも元位置に戻ってしまうヘラルド。13分KLGがまたもレクサイを仕留めにかかるが、またもするりと逃げる。明らかに狙われているのだがものともしない。16分、ヘラルド周辺の攻防でやっと1デス。ヘラルド獲得はKLG、赤バフも取ってゲーム全体をコントロールしていく。勝負の分け目はバロン周辺へ。トリスをtopにおいて積極的に育てていくFNC。

22分、rekkles選手/トリスはその期待を背負い、飛び込む!・・・その位置取りまずいんじゃないの!?しかし何故か死なない!仲間が駆けつけ、最後はFB- jesiz選手/ジャンナがスキルを総動員して守りきった!ラカンの時も思ったけどかっこよすぎないかこのサポート・・・!ここからバロンを取って一気にFNCの優勢に。
そして25分、sOAZ選手の動きに迷いが無い飛び込みに後続が続き、ゲームエンド。FNC勝利!

☆18:00 - FB vs HKA

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match5 FB vs HKA - YouTube
ビルド等の詳細:FB2 vs HKA - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
FB:カサディン、ラカン、ジャーヴァンⅣ/ジャンナ、ブリッツ
HKA:コグマウ、ザヤ、チョガス/カリスタ、タリヤ
ピック
FB:/1セジュアニ、3ルル、オリアナ/6マオカイ、シヴィア
HKA:/2シンドラ、トリスターナ、4グラガス/ガリ、7アリスター

両者タイブレークをかけた戦い。

セジュアニのファーストピックって微妙な感じがするけどどうなんだろう。シンドラがオープンになったのでHKAはすかさずピック。他にもトリスターナ、ガリオとHKAが良い感じにピックしていく。

シヴィアは大丈夫だろうか。ブリッツバンの意図には「?」だけど、何か理由があるんだろうか。

試合内容

(※終盤もう一度見返して書き直せたら書き直す)

あの、FBのADCがカルスタートなんだけど・・・?そんな驚きから始まったこの試合。

3分、HKAのJGが落ちる。しかしHKAも負けじと5分、ボットへガンクを成功させる。そんなJGの刺し合いのような展開からスタート。7分ごろ、FB Crash選手/JGがMIDへのフォロー、さらにTOPが攻めてHKA/シンドラを落とす。昨日から活躍しっぱなしのCrash選手がカッコイイ。

タワー2本、HKAがヘラルド獲得してからはHKA有利の時間に。16分、ミッドタワー破壊/HKAとトップ破壊/FBの交換、18分にはクラウドドレイク獲得。順調に有利を広げるHKA。
その後も人数差をつけて勝つHKAが目立つが、26分のバロン周辺の戦いはFB側勝利。HKAは英雄降臨の離脱でなんとか2キルに抑える。HKAは更にバロンカウンターを目指すが、テレポートで行こうとするのをFB/japone選手が防いだ!ナイス!またどっちが勝つか分からない。
しかし32分、クラウドドレイクが3つめ。ローテーションがすさまじいことになるHKA。マクロを取り返したいFB、させないHKA。37分にHKAバロン獲得。勝負はエルダードラゴンへもちこされるが、クラウドx3で来るのが早いHKA!
その後も43分、タンク同士の競り合いにHKAが勝ちミッドインヒビター破壊。45分にはHKA/M1ssion選手がバロンをスティール。HKAが勝利!勝負はタイブレークへ。

★19:00 - FNC vs YG

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match6 FNC vs YG - YouTube

ビルド等の詳細:FNC vs YG2 - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
FNC:レクサイ、コグマウ、ジャーヴァン/ルブラン、(かなり悩んでる)シェン
YG:カリスタ、ザヤ、セジュアニ/スレッシュ、ラカン
ピック
FNC:1トリスターナ、3エリス、シンドラ/6ブラウム、チョガス
YG:2ルル、グラガス、4ヴァルス/5カサディンガリ

 

カサディンだと!?途中から試合を見始めた私はすぐさま思った。プロシーンじゃ暴れまわってる印象しかないが、ここでもそうだったようだ。一体何が・・・。後日、試合をバンピックから見返すことに。

ザヤ、カリスタを封じられたFNCはトリスピック、だがまたルル取り上げ。シンドラ、エリスはMIDから作るピックらしい。

そして、ここでもアーデントセンサー差が出る事が確定したサポート同士のマッチに。ブラウムvsルル・・・。ボットが潰された理由が良く分かった。YGのボットレーンに集中したバンがかなり効いてる。

そして、魔法ダメージばっかりの構成に対してのラストピック・ガリ・・・。

試合内容

カサディンはどうして止められなかったのか。そんなところに注目して見直し始めたこの試合。rekkles選手/トリススキンが可愛い。記念スキンなんてあるのか。

2分FNC、青バフスティール。その後もエリスがどんどん敵ジャングルに入る。序盤はFNCが優勢。しかし解説にあった「6レベルまでにミッドガンク」が実現できていない・・・。
6分カサディンがレベル6に。ひゅんひゅん動き回る準備が出来てしまう。更に7分でFNC/トリスがデス。10分、またもYG - BigKoro選手/ヴァルスのQが捉える!トリス2デス。ヴァルスは12分にしてルインドキングブレードが完成した。ヴァルスは好きだけど複雑だ。

13分、YGのタワー折りにFNCが翻弄される!やっぱりこのNhocTy選手/ガリオ上手い!16分、rekkles選手がキルを取り返すも既につらそう。18分、YGドラゴン獲得。

そこからは当日も見た流れだ。押し返そうとするもなかなかキルに繋がらないFNC。さっきからYG - NhocTy選手がすごい。しかも、魔法により過ぎてる所為でガリオがささっている。こんな調子の良いTOP、魔法ダメージマシマシにガリオ・・・。状況は最悪だ。
31分、バロン中にYGのバックドアでカサディン止められず、YGの勝利。*2 タイブレークを逃れ、見事Round2への進出を決めた。

タイブレーク HKA vs FB

動画:WCS 2017 Play In Day4 Match7 Tie break HKA vs FB - YouTube

ビルド等の詳細:FB2 vs HKA - BEST.GG

バン&ピック内容

バン
HKA:タリヤ、チョガス、ラカン/オリアナ、シェン
FB:ジャーヴァンⅣ、アリスター、セジュアニ/コグマウ、カリスタ
ピック
HKA:1グラガス、3シンドラ、ガリオ/6ヴァルス、ブリッツ
FB:2トリス、ルル、4ニダリー/5マオカイ、7エコー

1位を賭けたタイブレーク

エコー!?と最初驚いたがシンドラに対するカウンターらしい。ニダリーはFB/Crash選手の得意チャンピオン。ついに元々のスタイルを披露か!ピンチヒッターでこの信頼、活躍っぷり。私はわくわくが止まらない。

HKAのブリッツピックも驚いたが、Kaiwing選手のポケットピックらしい。さっきの試合でFBがブリッツバンしたのもそういうことだったようだ。

試合内容

エコーってどうなの?カウンターだって言うけどいけるの?そんな期待と不安が入り混じる中、早い段階で有利を取るFB/Frozen選手。
一方のFB - Crash選手/ニダリーはジャングルを駆けずり回って有利を築く。HKAも負けじとボットーミッドのジャングル奥深くにワード。8分、ボットレーンでFB/トリスを溶かし有利を作るがドラゴンはFB -Crash選手がデスしつつ抑える。その後もニダリーを育てまいと奮闘するHKA、なんとかかわしていくFB/Crash選手。そんな展開が続く。

HKA/ブリッツの圧力も凄まじく、キャッチしてからのコンボで1キル獲得。ボットレーン側ではすでにHKAが2キル獲得し、ボットのファーストタワーをHKAが取る。ADCのCS差はHKA115:FB58とダブルスコアにまで広がった。勢いに任せ、HKAは時おり小さなミスをしつつも徐々にタワー、ドラゴンと奪っていく。ここまではHKAの優勢かと思われた。
しかし29分、キルを取れて人数差が出来たのにバロンにいかないHKA。すぐさまFBがボットとミッドタワーを1本ずつ手に入れる。FB/Frozen選手が31分のクロノブレイク、35分誘ってからの絶妙な動きとバロン周囲で奮闘を見せ、幾度と無く狙われていたニダリーも槍を飛ばして大活躍。バロンを獲得し、試合は一気にFBへ傾いた。
38分、HKAもブリッツがサイレンス、ガリオが英雄降臨で守りきる!が流れを引き寄せきれない。45分、Crash選手/ニダリーがバロンスティール!バロンを支配したFBが勝利、1位通過となった。

プレイインRound1終了、Round2へ

パフォーマンスを上げていくYGを見るのが楽しかった。FNCは心配になるゲーム内容だったが、Bo5に軸を置いた練習をしてきたということで次に期待したいところ。

そしてRampageの皆様、お疲れ様でした。決して良い試合内容とはいえませんでしたが、これは実力というよりも、スロースターターだったところが大きいと思います。これにめげずに頑張って下さい。応援しています。

おまけ

27日:LJL 2017 Review Worlds版

www.openrec.tv

27日にはLJL 2017 Review Worlds。RPGの試合振り返りで、プレイインDay3の2試合目、Day4の3試合目、4試合目の解説。ゲスト3人の考えるWolrdsの注目チームなどが話題の中心でした。

dara選手、Tussle選手の試合後インタビュー

tv.naver.com

dara選手、Tussle選手のインタビュー。翻訳はLJLの試合後インタビューでもよく通訳に立っていらっしゃるスイニャンさんが担当。*3 

EU LCS Stats @Worlds によるバンピック率Top10

あとこんなデータが各所で紹介されてました。やっぱりガリオ強いのか!

ザヤはバンピックの段階で出てきたらトリス当てれば勝てる、みたいなところがあるので仕方ない気がする。それよりも相変わらず勝率の高いラカンが気になる。シンドラは強いのもあるかもしれないが、使いなれている選手が多い印象もあった。

 

 

(2017.09.28 dara選手、Tussle選手の試合後インタビューのリンクを追加。)

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)