ウツギの日々趣味日記

ゲームなど中心に趣味のことをつらつらと。

シャドウバース日記20 まとめ!神々の騒嵐

3月30日より「神々の騒嵐」がされてしばらく、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

www.youtube.com

私自身新パックに手をつけてはいたものの、なんのかんので記事を書く時間が確保できず、気付いたら4月も中旬に突入していました。

そのためかなり遅い情報になりますが、今回も気になることが沢山あったので「神々の騒嵐」についてまとめていきたいと思います!

 

 

 

神々の騒嵐で変わったこと

力と力のぶつかり合い!といった印象が強い「神々の騒嵐」。早い段階でより強力なフォロワー展開が実現できるようになり、除去し合い殴り合いが激しくなりました。

「イージス力比べうぜえ!」とか「アグロネクロ強すぎぃ!」とか今回も色々ありましたが、神々の騒嵐で一体何が変わったのか。個人的にまとめてみたいと思います。

どんなカードの効果も受けない!?「ヘヴンリーイージス」登場

敵・味方に限らずどんなカードの効果も受け付けないフォロワーがビショップから登場してしまいました!その名も「ヘヴンリーイージス」。対策は攻撃力を下げる「カグヤ」や「光輝のドラゴン」などしかなく無敵です。

コスト9ということもあり単体ではさほど強力ではないものの、場にフォロワーがいると相手リーダーに攻撃できなくなるアミュレット「力比べ」とのコンボが凶悪です。

ほかにも「黄金都市の墓守・ソニア」「オクトパスビショップ」など、除去され難いフォロワーが追加。また、「穢れた聖杯」など、ファンファーレ付きのアミュレットが追加されました。

アグロネクロデッキが大幅強化

ネクロマンサーでは序盤からガツガツせめていく攻撃的なカードが多数追加され、アグロネクロデッキが大幅強化されました。特に、自分のフォロワー全てに「ラストワード:スケルトンを1体を出す」を付与する「骨の貴公子」は、除去カードに負けずに盤面を保てる強力なフォロワーです。

ほかにも相手フォロワーにダメージを与えつつ味方を強化するオルトロス、ネクロマンス4で進化後フォロワーを破壊する「破魂の少女」など、中盤~の盤面もちをよくするカードが多数追加。中盤以降も「魔将軍・ヘクター」は除去に活躍するばかりでなく、場に居るフォロワーで突然打点を稼げるので便利。コスト7ながらアグロネクロデッキの候補に入る強力なカードです。

復讐ヴァンパイアがよりアグレッシブに

アグレッシブになったのはネクロマンサーだけではありません。「ヴェルフェゴール」「ブラッドムーン」など早い段階で復讐状態になるカードが登場し、今まで受身がちのデッキだった復讐ヴァンパイアがパワーアップしました。

攻撃力5以上のフォロワーをサーチし、さらにエンハンス5でサーチ対象のコストを下げる「バフォメット」とのコンボが非常に強力です。特に、復讐状態になった状態で「バフォメット」からコストの下がった「メイルストロームサーペント」をサーチしてくると、早い段階で5/5フォロワーを並べる事ができ強力。他にも、本来コントロール寄りのフォロワーが早いターンに出せるようになり、復讐突入カードからの色々なコンボが期待できるようになりました。

また、序盤から4点の体力で盤面を守る「糸蜘蛛の悪魔」、ダメージを肩代わりしてくれるアミュレット「黒死の仮面」など、心配なHP調整をフォローするカードも追加されました。

フィニッシャーとなりうる?土ウィッチにもアグレッシブなカードが

今回は土ウィッチにも攻撃的なカードが目立ちました。長らくフィニッシャーの不在が続いた土(秘術)ウィッチに、攻撃的なカードが多数追加。手札の土の印を力に変える「魔導の巨兵」をはじめとして、リーダーに3点のダメージを叩き込める「天輪のゴーレム」、土の秘術で疾走フォロワーを出せる「竜識の老魔導士」はなかなかの性能です。

ドラゴンは多数の防御的カードが追加 まさかの消滅カードも

一方ドラゴンでは、防御や回復に重点を置かれたカードが多数追加されました。残りPPによって攻撃力が増加する守護フォロワー「ラハブ」、5ターン目以降PP増加効果・覚醒状態でHP回復効果を持つ「水竜神の巫女」ウロボロスにいたっては倒される度回復して手札に戻るのでとても面倒です。

また、エンハンス10で相手のフォロワー・アミュレットをすべて消滅させるスペル「ライトニングブラスト」が追加され、より場を圧倒しやすくなりました。

また、「風読みの少年・ゼル」「大鎌の竜騎」など、疾走フォロワーも多数追加されています。

2Pickに大きな変化・一部カードが選択不可に

今回新たにカードが追加された一方で、一部使えないカードが出てきました。といっても通常プレイの話ではなく、2Pickにおけるカードの話です。

カードパック「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」の追加に合わせて、2Pickでデッキ作成時にカードが掲示される確率を調整いたします。

掲示されるカードは、各クラスのブロンズレアのプライズカードと、以下のカードパックのカードすべてになります。
「Darkness Evolved/ダークネス・エボルヴ」
「Rise of Bahamut/バハムート降臨」
「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」

 

【3月30日実施】アップデートのお知らせ(3月30日 10:00 追記) | News | Shadowverse【シャドウバース | シャドバ】公式サイト | Cygames

シャドウバース公式サイトにはこのようにあり、2Pickにおいて「プライズカード」のシルバーレア以上と、「スタンダードカードパック」の全てのカードが登場しなくなりました。この事によって、2Pick環境に大きな変化がありました。

これら登場しなくなったカードの中には、クラスの代名詞とも言えるような優秀なカードも多く、そのカードバランスやメタゲームについてユーザー間では様々な意見が出ているようです。

この2Pick環境の変化やユーザーの意見を製作側がどう受け止めているのか。今後のゲームバランスにも絡んできそうなポイントなので、個人的にも気になるところです。

仕様変更や新たな機能追加も

複数カード選択分解機能・バトルログの改修など より遊びやすく

より遊びやすくするためのシステムの追加もありました。まず嬉しいのが「複数カード選択分解機能」。いままで1種類ずつ分解していたところ、一気に分解できるようになりました。また、バトルログがより詳細になり、どんなアクションを起こしたか分かりやすくなりました。

他にも一部カードテキストの変更・手札のプレイ位置のランダム化など、細かな調整が入りました。

相手の出しているフォロワーで台詞が変わる!特殊ボイス追加

対戦相手が場に出しているフォロワー次第で特殊ボイスが再生されるシステムが追加。いままでクラスが違うために関係性がはっきりしていなかったフォロワーも、このボイスの追加でより関係性や世界観が強調されるようになりました。ヴァンピィ+ヴァイトなど思わずほっこりしてしまうボイスも多く、個人的に嬉しいアップデートです。

プレミアムカードが生成できる?「プレミアムオーブ」追加

なんと、プレミアムカードの生成手段が追加。プレミアムオーブという謎のアイテムさえ持っていればプレミアムカードを生成できるようになるようです。4月12日現在、プレミアムオーブの入手方法は未だ不明ですが、今後は課金やゲーム内報酬によってプレミアムカードが生成できるようになっていくのでしょう。

プレミアムカードの為だけに課金してカードパックを引いた!というような方は、今後出費が抑えられるかもしれませんね。「カムラ」のプレミアムカードを揃えたかった私にとっても、これは朗報です。

気になるカード

大体こんなところでしょうか。ここからは、環境に大きな影響を与えているかどうかは関係無しに、個人的に気になるカードを紹介していきたいと思います。

エルフ

キュベレー

f:id:jemiah93:20170412013354j:plain

「自分のターン終了時、自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する」フォロワー。単体では除去が面倒なだけのフォロワーですが、3/2のフォロワーを3/3にしたりと体力を補強する効果は結構厄介です。使いこなせたら楽しそうなカード。

フェアリーケージ

f:id:jemiah93:20170412045449j:plain

自分がカードをプレイするたび、フェアリー0枚ならフェアリーを1枚補充してくれるアミュレット。フェアリーを補充するアミュレットとしては「妖精の楽園」もありますが、無条件で毎ターン効果発動のため、手札が溢れがちでした。

対してこちらは「フェアリーがなくなったら補充」という効果なので、手札が溢れる心配も少なめ。とはいえ、やっぱりプレイの仕方を間違えると手札は溢れます。コストも4と重めで、出しどころは難しいというのが使ってみた感想でした。

今回は「ごついフォロワーでなんとかする」コントロールエルフ推しのカードが多数あるので、それに合わせたエルフ確保手段といった感じでしょうか。どんな風に活躍するのか気になっているカードの1つです。

ジャングルの守護者

f:id:jemiah93:20170412044426j:plain

エンハンス10でもう一体出し、さらにジャングルの守護者すべてに疾走を持たせるフォロワー。10ターン目に8点確保はなかなか魅力的です。今回エルフではエンハンス8でEP回復効果を持つ「クリスタリア・エリン」、コスト6以上のカードをプレイするとコストが下がる「エルフの執事・ヴィスト」など、印象的な守護フォロワーがいくつか追加されましたが、その中でも攻撃的なカードです。

個人的に、コスト0にしたエンシェントフォレストドラゴンと合わせたら面白そうと思ってるんですが、実現は無理そうですかね・・・?実際に活躍しているところを見てみたいカード。

深き森の異形

f:id:jemiah93:20170412051149j:plain

相手のリーダーを攻撃したら勝ち!というシンプルな効果ながら、使いどころが難しいフォロワー。今までと全く違うタイプのエルフカードなのでどんなデッキ構築をしたら良いかさっぱり分かりませんが、入手できたら使ってみたいです。

ロイヤル

旅ガエル

f:id:jemiah93:20170412013640j:plain

自分のターン終了時、潜伏を持つフォロワー。こ、これは「盗賊の極意」で強化し放題なのでは!?と思いきや、盗賊の極意」より先に旅ガエルを置かなければ(つまり盗賊の極意の左側にある旅ガエルしか)、「盗賊の極意」の効果を受けられない事が早々に判明しました・・・。くそう。

潜伏ロイヤルの採用候補としてはちょっと弱いものの、毎回潜伏することで場に残りやすく、且つ強化アミュレットの効果を受けやすいので、色々なコンボが期待できます。

ルミナスメイジ

f:id:jemiah93:20170412072640j:plain

ルミナスナイトを場に出すうえ、場にいる限りEP消費無しで指揮官カードを進化可能なフォロワー。

「バハムート降臨」では「ルミナスナイト」からの天空城コンボを考案する方がいましたが、EPが確保できず上手くコンボにならない場面が多々ありました。その「ここでルミナスナイトを進化できたら・・・!」という場面に見事に刺さるカードという事で、注目しているカードです。

他にも、並べたフォロワーを無駄にせず一気に打点を稼げ、ローコストな指揮官カードとのコンボが期待できるなど、様々な組み合わせが期待できそうです。

ウィッチ

夜の魔術師

f:id:jemiah93:20170412021511j:plain

土の秘術で+1/+1して、潜伏を持つフォロワー。土ウィッチから潜伏フォロワーが出た!という事で個人的にテンションが上がったカードでした。

変異の雷撃

f:id:jemiah93:20170412040352j:plain

相手のフォロワーすべてを「燃えネズミ」に変身させてしまうスペル。この燃えネズミが憎たらしいフォロワーで、自分のターン開始時にお互いのリーダーに1ダメージ与えてきやがります。もしフォロワーの数と自分の残りHPがぴったり合ったら絶望しかありません。

使う側としてはタイミングを図るのが難しいのですが、決まると楽しいカード。

言霊遣い・ジンジャー

f:id:jemiah93:20170412013840j:plain

自分の手札にあるフォロワーのコストを全部0にしてしまう代わりに、ファンファーレを発動させないフォロワー。ルシフェル出しまくりからのアークエンジェル・レイナ!とか、色々妄想が広がるフォロワーですが、そんな何枚も高コストのフォロワー抱え持てねえよ・・・ということで実用が難しいのが悲しいところ。せっかく出たので、彼女を採用したデッキを使ってみたいところです。

ドラゴン

アクアネレイド

f:id:jemiah93:20170412014023j:plain

今回、個人的に待ち望んでいた水属性フォロワーが多数追加されましたが、その中でも特に目を引いたフォロワーです。ファンファーレで「オルカ」を1体出すフォロワーで、序盤に出したいというよりかは、PP10で「ネプチューン」と一緒に出して一気に進化させてみたいフォロワー。

ヒッポカムポス

f:id:jemiah93:20170412014326j:plain

進化後急に7/7になり、代わりに守護がなくなるという不思議なフォロワー。こういうスタッツのフォロワーも出してくるのかということで、ブロンズながらインパクトの強いカードでした。今後こういった変り種が増えるのか、非常に気になります。

不死鳥の乗り手・アイナ

f:id:jemiah93:20170412015241j:plain

他のフォロワーの数で攻撃力が変わる疾走フォロワー。この相手の場も含めるというのがポイントで、最大+9までの強化が可能です。ピンチをチャンスに変える!という性能はまさしく不死鳥の如し。個人的に好きなので、一度使ってみたいカードの一つです。

ネクロマンサー

死月の使徒

f:id:jemiah93:20170412020432j:plain

「幽体化」のフォロワー版が登場ということで個人的に注目していたカード。面倒な守護カードが増えてきた昨今、あと数点が削りきれない時に活躍してくれます。ちょっとアグロネクロデッキで使ってみましたが、1ターンの動きを作る貴重な1コスフォロワーとしても活躍してくれていました。この相手の意表をつく性能や、意外と応用の効く所が好きです。

冒涜の墓場

f:id:jemiah93:20170412070402j:plain

相手のターン終了時、ネクロマンス4でゾンビを出すアミュレット。要するに疾走ゾンビが出てくるわけですが、普通に使うのはあまり現実的ではないので、墓場が貯まりがちなデッキにおける墓場の吐き出し口でしょうか。なんか上手い事使えないものかなと考え中です。

不死の大王

f:id:jemiah93:20170412071032j:plain

ファンファーレでワイトを2体出し、更にラストワードでワイトキングを手札に加えるカード。

ワイトの効果は他のフォロワーが破壊されるたびに相手リーダーに1ダメージ。除去順によっては余分にダメージを食らうばかりか、後に控えているフォロワーによっては大惨事に陥りかねません。新しい2Pickに乗り込んでみたら、何度か遭遇して酷い目に遭いました・・・。ヘクターの影に隠れがちですが、こいつも結構なパワーカードだと思います。

ヴァンパイア

人狼の突撃兵

f:id:jemiah93:20170412025556j:plain

守護フォロワーが交戦相手だと必殺がつくフォロワー。このターン終了までというのがとても厄介。一度相手にしてとても面倒な思いをしました。この2/5もいやらしい。

ソウルドミネーター

f:id:jemiah93:20170412023839j:plain

他のフォロワーが破壊されるたび攻撃力が増えていくフォロワー。ぱっと見より攻撃的になったアルカードといった感じの能力ですが、効果は相手フォロワーが破壊された時にも発動するので、一方的な殺戮でもモリモリ強くなっていきます。うっかり放置できない、その爆発力が魅力です。

ビショップ

祈りの燭台

f:id:jemiah93:20170412030835j:plain

「自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウンを1進める」アミュレット。カウントダウン1のアミュレットだとすぐ発動することができ、色々なカードの組み合わせが期待できるアミュレットです。

聖なる弓使い・クルト

f:id:jemiah93:20170412075600j:plain

自分のリーダーが回復するたびに相手リーダーに2ダメージ与えるフォロワー。素直に回復フォロワーと出すよりも、「ペガサスの結晶像」のような自動で回復していくカードと一緒に出した方が圧力がありそう・・・と思っていたら、巷にはすでにOTKビショップとかいう面白いデッキがあるよう。回復カードを活かす新しい形ということで、今後にも期待です。

黄金都市の墓守・ソニア

f:id:jemiah93:20170412082906j:plain

自分の場にフォロワーがいなければ強くなり、能力によるダメージも0になるフォロワー。0になるだけなのに・・・で嫌な思いをするのは「リザ」以来でしょうか。これが面倒くさい!

意外とビショップには少ない守護にまた優秀なフォロワーが追加されて、デッキ構築の幅が広がりました。クレリックランサーとの使い分けはどう考えたら良いのかなど、評価が気になるカードです。

ニュートラ

オウルキャット

f:id:jemiah93:20170412031758j:plain

交戦する相手フォロワーの攻撃力が1なら破壊してしまうフォロワー。最初、カードイラストのインパクトがすごくて笑ってしまいました。除去するのがだるい1/3以上のフォロワー相手に威力を発揮します。相手にしても意外とうざったいカードで、除去手段が無い場合攻撃力2をぶつけないといけないのが厄介。

凍りづけの巨象

f:id:jemiah93:20170412044008j:plain

コスト7以上のフォロワーを場に出すとパキンと割れてインペリアルマンモスが出てくるアミュレット。このコスト7以上は構築段階のコストのことで、コストの下がった「次元の魔女・ドロシー」「フレイムデストロイヤー」などでも有効です。他にも今回は高コストのフォロワーのコストを下げるカードが多数追加されたので、色々なコンボが期待できそうですね。

癒しの奏者・アンリエット

f:id:jemiah93:20170412031420j:plain

体力を回復+攻撃していない状態に戻すフォロワー。場に出ているフォロワー次第では2回攻撃で相手を撃沈できる・守護を突破しつつ打点を稼げるなどなど応用が効きます。ガブリエルみたいなノリで使えないかなあと考え中。

まとめ

怪獣大決戦と言わんばかりのゴツいカードが際立つ今回のカードパック。でも、少し脇を見てみると一工夫できそうなカードが沢山あり、面白いデッキも沢山見かけました。また思う存分楽しめそうでなによりです。

しばらくは目標を決めずプレイしていきますが、あっちこっちクラスを絞らず、楽しく遊んでいけたらと思います。